40代、ファッションの方向性に悩むあなたを導く2つの指針

こんばんは!
パーソナルスタイリスト・服装心理カウンセラーの久野梨沙(@RisaHisano)です。
ファッションで人の心を知り、動かす「服装心理学®」を活用した個人向けスタイリングやスタイリスト育成、講演活動などを行っています。

40代、ファッションの方向性に悩むあなたを導く2つの指針

40代がファッションに悩みやすいのはなぜ?

 

ちょうど30代から40代へと変わる頃、これまでの服が似合わなくなった気がして悩む人は多いものです。

それも、もともとおしゃれが苦手だった人だけでなく、それまではおしゃれが得意だった人にも、40代への節目でファッション迷子になってしまうケースは多いのです。

 

ファッションが好きな人ですら迷いやすくなる40代のファッション。

私はパーソナルスタイリストとして10年以上そのお悩みを聞いてきましたが、40代がファッションに迷う主な原因はだいたい3つのうちのどれかなんです。

 

40代のファッションは、体型や肌質など外見の変化への対応が求められるから

 

男性も女性も、加齢と共に外見は変化します。

30代でそれを実感する人は多いですが、まだ序の口。40代では遙かに上回る勢いで外見は変化していきます。

 

わかりやすいところで言うと、体型変化。骨格は変わりませんが、肉付きがかわることから全身のシルエットが変わるため、似合う服のシルエットも変わります。

 

でも、体型が変わることで似合う服が変わるというのは想像がつきやすいですよね。

 

が。意外なところでは、肌質や髪質の変化も影響するんですよね~……。

潤いが減ってきたり逆にオイリーになってきたり、髪が減ったり皺が増えたり。
それに伴って、似合う洋服の色や質感が変わってきます。

 

このあたりの具体的な変化とその対応法については以前、以下の記事にまとめましたのでこちらもぜひご参考に!

 

 

さて。

多くの人は、過去の経験に基づいて自分の外見に似合う服を選んでいます。でも、外見自体が変わってしまうと、過去の経験が役立たなくなってしまいます。これまで何十年もかけて感覚的に身につけてきた服選びを、わずか数ヶ月で自分なりに理論に落とし込み、変化に対応せよ!なんて突きつけられても、難易度高すぎますよね。

 

また、過去にパーソナルカラー診断や骨格診断などを受けて、その結果を元に服選びをしてきた人にもこの悲劇はもれなく襲いかかります。診断はそのときの外見に基づいて結果を下しますから、外見が変わってしまえば結果も変わるからです。

 

久野梨沙
似合う服にまつわる診断の中には「一生結果は変わりません!」と謳っている診断もありますが……。

本当に変わらないんだったら、こんなに悩むはずもないわけで。

実際に変わらないのは大分類での話であって、細かな分類での「似合う・似合わない」は変わるんですよね。暖色が似合うのは変わらないけど、薄い暖色は似合わなくなる、っていう感じで。

 

原因1:40代は社会での役割が変わりやすい時期で、ふさわしい服装も変化するから

 

40代は、様々な面で社会での地位というかポジション、役割みたいなものが変化しやすい時期でもあります。

 

仕事であれば、中間管理職的な役割につくようになる平均年齢が40歳前後といわれています。

労務行政研究所による「役職別昇進年齢の実態と昇進スピード変化の動向」という調査によると、課長に昇進する年齢の平均が39.4歳。40代に上がるタイミングで社会的な地位も上がる人が多いことがわかります。

 

昇進をするとなると、それに見合った服装に替えた方が良いのでは?と考えるのは自然なこと。これまでは現場で実務作業が多かった人も、管理職に移って対外的な仕事が増えるとなれば、それだけでも求められる身だしなみは変わってくるでしょう。

 

また、女性で言えば40代は子育てが一段落する人が多い時期でもありますよね。手がかかる乳幼児期から学童期に変わって、自分の時間を持てるようになる人も多い。

ファッションも「簡単に家で洗って干せるもの」「走り回る子供を追いかけられるもの」「子供に汚されても良いもの」というこれまでの条件を気にしなくてよくなります

自由度が上がってしまうからこそ、却って何を着たら良いのかわからなくなってしまう人も多いんです。

 

原因2:40代は新たなファッションに挑戦するパワーも減ってくるから

 

外見と役割の両面で大きな変化にさらされる40代ですが、その一方で自分の思考や行動は固定化してきてしまいます。だからこそ変化に対応するのが難しい!

 

新しい役職にふさわしい服が欲しいけど、それがどこに売っているのかわからない。

もっと明るい色の服を着た方がいい気がするけれど、買って失敗するのがコワイ。

 

洋服を着るというのは毎日やる行為。だからこそ既にそのやり方は習慣化してしまっていて変えるのは結構難しいんです。

 

久野梨沙
新たなものに挑戦する気力も、やはり若い頃に比べると減ってきてしまいますしね。

これは私も同世代なので、自分で書いてて耳がイタイ・・・・・・。

 

40代がファッションの方向性を決めるとき、指針にすべきなのは?

 

つまり、変化が多いのに、変化への対応力が足りなくなりがちなのが40代ということ。

 

しかい、小さな変化が立て続けに起こる30代と違い、40代は序盤で大きな変化を経験しそのあとはまた落ち着く人が多いので、ファッションに関しては40代になるタイミングでこれからの方向性をしっかり定めておけば悩みからは解放されます

 

その時に指針にしたいのが以下の2つです。

 

★ライフスタイル

★「こうありたい」と思う理想の自分像

 

指針1:ライフスタイルから、40代でファッションにかけるべき適正予算を導き出そう

指針1:ライフスタイルから、40代でファッションにかけるべき適正予算を導き出そう

 

まず、社会的な地位が変化したのなら、買う洋服の質を上げることがふさわしいファッションに変える近道です。

可能な範囲で良いので、今までより買う洋服の価格帯を上げてみて下さい。

価格と品質はほぼ比例しているからです。

 

久野梨沙
アパレル不況のこのご時世、値段に見合わない品質で続けていられているブランドはほぼありません!

ぼったくりの心配はしなくてよい時代なので、価格=品質と考えてOK‼︎

 

「なんか若い社員たちと自分の服装が変わらない感じがして、箔がつかないのが気になっているんだよね」

 

というお悩みを聞くことも多いですが、これも単純に価格帯を上げることで解決できます。

色やデザインといったわかりやすい要素を変えなくても、価格帯が高いものを選ぶ=洋服の生地やシルエットの質が上がるので、見た目の印象は変わるものです。

 

洋服にかける総予算は上げられない!ということであれば、買う枚数を減らして調整しましょう。

 

さてその洋服の枚数ですが、これもライフスタイルから導き出せます。具体的には、お手入れ方法や洗濯の頻度によって必要な枚数は決まります

 

例えば子供が小さいうちは子供服やタオルなどの洗濯が優先で、自分の服は週に1度、土曜日にまとめて洗濯していた・・・という人は、平日は洗濯なしでも回るくらい多くの服が必要だったでしょう。

 

でも子供が大きくなれば、子供服の洗濯回数も(一般的には)減ります。すると平日にもう1回自分の服を洗濯することができるようになる。

ならば、洗い替えはそれほどいらなくなるので服の枚数は減らせますよね?

 

また、役職が上がってスーツがメインになったのであれば、服の1点単価は上がりますが、枚数はそれほどいらなくなります。

 

自分の社会的役割→洋服の価格帯

洗濯頻度→洋服の枚数

 

この2つの要素が揃えば、40代になったあなたが買うべきブランドやショップが絞り込めてきます。

 

指針2:40代のファッションの迷いをなくすには、理想の自分像を決めておくことが欠かせない!

 

洋服のブランドやショップの目安がついたところで、次はどんなデザインの服を着るかです。

ここでもちろんパーソナルカラー診断や体型診断など、「似合う服がわかる診断」に頼るのも良いでしょう。

 

でも自分の外見だけを基準にした服選びは揺らぐことが非常に多いもの。なぜって、前述の通り。外見は加齢と共に変化していくからです。

 

でも、自分の考え方や嗜好は、逆に、加齢するほど揺らぐことが少なくなっていきます。だからこそ、40代からのファッションの方向性は「自分がどうありたいか」をメインに決めて欲しいのです。

 

久野梨沙
でもでも理想の自分像っていざ考えると難しいし、ましてやそれをファッションで表現するなんて…って思いますよね?

そこで、私がファッションレッスンで実際に取り入れている以下のワークをぜひ試してみてください!

 

40代のファッションの方向性を決める「理想の自分像」発見ワーク

40代のファッションの方向性を決める「理想の自分像」発見ワーク

 

1.理想の芸能人やモデル、文化人を見つける

 

生き方やぱっと見の雰囲気が自分の理想に近い有名人を見つけることがまず一つ目に考えられること。

外見が似ているかどうかを考えると見つけづらくなってしまいますので、あくまで自分の好み・感覚でかまいません。

 

見つかったら、その有名人がどんな服を着ているかいろいろ調べてみて下さい。

画像が見つかったら着ている服の特徴を色・質感・形の面で探ってみます。同じブランドを着るのが手っ取り早いですが、色・質感・形を似せれば同じファッションテイストに仕上がります

 

久野梨沙
今はインターネットで有名人の画像がたくさん見られますので便利ですね〜。着用ブランドもネットで調べられることが多いですよ!

 

2.共感できる記事が載っているファッション雑誌を見つける

 

よく、パーソナルスタイリングのお客様から「どんなファッション雑誌を読めば良いですか?」と質問頂くのですが、「似合う服がたくさん載っているファッション雑誌を見つけよう」と思うと自力では難しくても、「共感できる記事があるかどうか」という視点であれば見つけられるはず。

 

つまり、載っているコーディネートについてどう思うかは気にせず、ファッション以外の特集で判断してみるのです。

 

「休日を優雅に極上ホテルで過ごそう」

「いつまでも仲の良い夫婦でいよう」

「子供と一緒にもう一度勉強」

などなど、ファッション誌は後半のページで、ファッション以外にも様々なライフスタイルを提案しています。

それに共感できれば、あなたとその雑誌との感覚は一致しているということ。そこに載っているコーディネートも、あなたにとって心地よいもののはずです。

 

3.こうなりたい!という理想に近い写真を集めてコラージュ

 

理想に近い有名人やファッション誌が見つかっても見つからなくても、最終的には一つの目に見える形にまとめておくと◎。

頭の中だけで描いた理想の姿は揺らぎやすいものですが、いつでも見返せて、ファッションの方向性を確認できるような資料にまとめておけば迷ったときに助かります。ファッションの方向性を「見える化」してくれるもの、それがファッションコラージュです

 

様々なファッション誌やインターネット、パンフレットなどなどあらゆるものに載っている画像の中から、自分の理想像に近いと思う写真を集めてノートやスケッチブックにまとめていきます。

コーディネートが上半身しか見えなくても、表情だけでもまずはOK。

 

このコラージュができあがれば、何か服を買う時にそのコラージュを見ながら「ここに載っている理想の私にこの服はふさわしいかな?」と考えると方向性がぶれにくくなり決断がスムーズにできるようになるはずです。

 

▼以下の記事では、パーソナルスタイリングにファッションコラージュがどう活かせるか解説しています。

 

 

40代でのファッションの方向性が決まったら、いざ実践!

 

ライフスタイルから買うべき価格帯や必要な枚数が導き出せて、ファッションコラージュで方向性が決まれば、あとは必要なアイテムを手に入れるだけです。

 

価格帯が決まれば商業施設やエリアが絞りこめますので、ブランドに詳しくなくとも、まずはそこへ行って見てみれば闇雲にあちこちを回るより遥かに速く、これからのあなたにぴったりなファッションを見つけられるでしょう。

 

とはいえ、これから着ようとする服がこれまでと違う雰囲気だとなかなか勇気がいるかもしれません。

 

そんなとき、あなたにその服を似合わせるという技術で背中を押すのが私たちスタイリストですので、ぜひ一度相談してください。

新しいファッションに挑戦するとき、はじめにプロのスタイリストに依頼して着こなし方やお勧めショップを学んでおけば、効率よく、40代の自分も好きになれるような服に出会えますよ!

 

久野梨沙
の機会に似合う服の診断も受けておきたいというあなたは、体型診断+顔パーツ診断+パーソナルカラー診断にお買い物同行がついた、以下のプランを。

服装心理診断も行いますので、おしゃれの悩みの心理的な原因までわかる、一番人気のプランです!

 

久野梨沙
自分で服を選べるようになりたいというあなたは、コーディネートの基本が学べるレッスンを。

コラージュのワークも行いますので、このレッスンの中だけで、この記事に書いたファッションの方向性を決める作業が完結しますよ〜

 

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事: