ショップ店員さんと話が合わないのは、「おしゃれの前提条件」が違うから【服装心理lab.】

ショップ店員さんと話が合わないのは、「おしゃれの前提条件」が違うから【服装心理lab.】

こんばんは!
パーソナルスタイリスト・服装心理カウンセラーの久野梨沙(@RisaHisano)です。
ファッションで人の心を知り、動かす「服装心理学®」を活用した個人向けスタイリングやスタイリスト育成、講演活動などを行っています。

12月1日から活動開始するオンラインサロン「服装心理lab.」。活動開始まで、いよいよあと2日となりました!ドキドキドキ・・・

 

服装心理lab.」の入会時のリターンとして、全員もれなく「服装心理診断」が受けられて結果レポートがもらえる、というのがあります。

今日の動画では、その服装心理診断についてご紹介しています。

 

 

服装心理診断では、着想行動(服を着たり、服飾品を身に付けたり、お化粧をしたりといった装う行動)に強く影響する5つの価値基準のうち、それぞれをどの程度強く持っているかをテストを通じて点数化します。

 

5つの性格傾向は以下の通り。

 

5つの性格傾向別・カプセルワードローブの作り方

服装心理診断について、詳しくはこっちの記事なんかもわかりやすいかも。

 

さて。

服装心理診断は、単純にこの5つのうちのどのタイプかを診断するものではなく、この5つの要素をそれぞれどれくらい持っているか、数字で細かく結果が出るテストです。

 

自分で上図を見て「あー、わたし『規律性』が高いかも」と思っていても、いざ診断テストを受けてみると「規律性」と「一般性」が同じくらい高くて、それがおしゃれの悩みを深くしていた・・・なんてことがあったり。

自分でも気づいていない自分の価値観や思考の癖に気づくことができるんです。

 

人は誰でも、つい自分の感じ方や考え方が「普通」だと思いがち。

 

例えば、ショップ店員さんのセールストークに、こんな風に疑問を持ったことはないですか?

 

何かのアイテムを手に取ったときに、

「あー、これ、私も持ってるんですよー!今一番人気なんです!!」って声かけられて。

その店員さんと同じアイテムでも別に嬉しくないしな・・・と思って試着する気も失せてしまった。なんであんな声掛けするんだろう?

 

どう考えても私には派手すぎるワンピースなのに

「それくらいのほうが周りと差が付いていいですよー!」

って言うけど、「差が付く」んじゃなくて「浮く」の間違いじゃない・・・?

周りと差なんてつけたくないよ・・・

 

どちらも、店員さんがよく言いがちなセールストークですが、こんな風に感じてしまうお客様はとても多いです。

マイナスになることもあるこんなセールストーク、どうして言ってしまうんでしょう?

 

それがマニュアルだから?もちろん、それもあるかもしれない。

でも多分、言っている販売員さんは、本当にそれが良いことだと思って言っているんです。

 

一番人気のアイテムを着られたら嬉しいし、

どうせおしゃれをするなら周りと差を付けたい。

 

これが、その販売員さんの中の「おしゃれの前提条件」だった、ということ。
そして皆そう思ってるでしょ?と疑いもしていないから、前述のセールストークがすらすらと出てきてしまうわけです。

 

おしゃれに対してお互いが持っている価値観が違えば、おしゃれの話をしても全く食い違ってしまうし、よかれと思ってのアドバイスも的外れになってしまう。

いくらファッション理論を知っていたって、目指すゴールが違う人からアドバイスをもらっても何にも使い物にならないんです。

 

だから、服装心理lab.では、会員さん全員に「服装心理診断」を受けて頂きます。

この結果を開示しあうことで、それぞれの「おしゃれの前提条件」がわかるから、

 

「私はこう思うけど、○○さんはきっとこう感じるだろうからこっちの着こなしの方が良いよね」

「あー、この買い物の仕方、△△さんっぽい!」

 

みたいな、「あなたたち、中学校時代からの親友?」みたいなノリのトークがすぐに出来る。

 

お互いの違う価値観が目に見えるからこそ、尊重できる。違っていても、わかりあえる。

そんな心地の良い居場所になるはずです。

 

ああ、既にご入会済みの方、楽しみにしてて下さいね!どんなタイプの人が集まってくれたんでしょうね?! 早く服装心理診断の結果で語り合いたい!!

 

ちなみにこの服装心理lab.、定員が集まり次第一旦入会を締め切りますが、仮に定員に達さなかったとしても、年内で一度入会を締め切ろうと思います

というのは、「同期」のつながりを作って欲しいんですよね。小さな輪で一度しっかりつながりを作ってから、人数を広げていきたい。

 

なので、年内に入会しておかないと、しばらく入れません。ご了承下さい。

始動は12月1日(日)から。駆け込みご入会お待ちしています!!

 

おしゃれの呪いを解いて、自分を好きになる。ー服装心理lab.ー – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

おしゃれと内面の両方の学びを得られるオンラインサロン「服装心理lab.」満員御礼!
追加募集まで少しお待ち下さい

服装心理lab.

 

「自分らしいおしゃれを確立して自分を好きになる」ということをゴールに掲げるオンラインサロン「服装心理lab.」。11月から募集した第0期生はおかげさまで満席となりました。

次回、第1期生の募集は2020年2月頃を予定しています。

毎週のメールレッスン、毎月のオフ会&講座、ライブ配信、会員専用チャットを通じて、似合う服の選び方はもちろん、おしゃれを上達させるトレーニング法や、性格とおしゃれの関係・・・などなど、自分で自在におしゃれを楽しめるようになる多彩なカリキュラムをお届けするこのサロン。

募集開始情報は、メールマガジンご登録者に一番早くお送りします。ぜひこの下から登録の上お待ち下さい!

 

久野梨沙 Risa Hisano

スタイリスト・服装心理カウンセラー久野梨沙

(株)フォースタイル代表取締役、(社)日本服装心理学協会代表理事。

大手アパレルメーカーで年間売上総額60億円に上るアパレル商品を手掛けた経験と、 心理カウンセラーとしての知識を活かし、独自の「服装心理学に基づくパーソナルスタイリング」を生み出しました。
All Aboutファッションガイドなどファッションライター、セミナー講師としても活躍中。

プライベートでは2016年生まれの男児を育てる1児の母。

詳しいプロフィールはこちら!