話し方が上手くなくても人気が出るセミナー講師は、「削り方」が上手!

こんばんは!
パーソナルスタイリスト・服装心理カウンセラーの久野梨沙(@RisaHisano)です。
ファッションで人の心を知り、動かす「服装心理学®」を活用した個人向けスタイリングやスタイリスト育成、講演活動などを行っています。

話し方が上手くなくても人気が出るセミナー講師は、「削り方」が上手!

パーソナルスタイリストの勉強をしていると、ファッションに関するセミナーも開きたいと考えるようになる人が多いものです。

 

実際にfor*styleパーソナルスタイリストスクールでは、修了生さんの中から講師の適性がありそうな方や、講師になりたいと強い希望を持っている方にお声掛けをして、フォースタイル主催でセミナーを開催し、実績を積む機会を設けるようにしています。

 

さて、あなたがセミナー講師を目指そうとした時に、まずどんなスキルを身につけなきゃと思いますか?

 

こんな質問をすると、多くの人が「大勢の前で話す練習をしなきゃ・・・・・・」と答えます。

でも実はそれ以前にやらなければいけないことがあるんです。

 

まず一つ目が、セミナーで伝えたいことの「削り方」を知ること

そして二つ目が、自分の性格を生かした講師スタイルを発見することです。

 

まず一つ目ができなければ、おそらく集客もできません。

そして、たとえ集客ができたとしても、次は二つ目ができていないとセミナーの参加者様との関係性が構築できないので、満足いただけません。そうなると、初回はたまたま来ていただけても次がなかったり、違うサービスに繋げられなかったり・・・。いずれにしても、セミナー講師として息の長い活動をしていくことが難しくなります。

 

それでは、まず一つ目から解説してみましょうか。

 

皆さん、セミナーをやろうと思うと、とにかく意気込みます。「来てくださった方にたくさんの知識を持って帰ってもらおう!!」と肩に力が入るんです。

 

でも、果たして参加者様は「たくさん」知識が得られるほど喜ぶのでしょうか?満足度はそのセミナーで得られる知識の量に比例すると思いますか?

 

実はそうではありません。

一番喜ばれるのは、教えられた知識の内容がしっかり理解できて実践できると思った時です。

さらに言うと、その知識が生活の中で本当に実践できて、自分の生活が変わった時に本当の満足を得ます。

 

そうなると、与える知識の量が多いことが逆効果に働くことの方が多いのです、

 

まず、セミナーの案内に、「これも学べます」「あれも学べます」とたくさん書いてありすぎると、読む人の心に残りません。そのため、まずは集客が思うように進まないでしょう。

 

仮に人が集まったとしても、みっっっちりと詰め込まれたカリキュラムを受講すると、頭がパンクしてしまうので、満足感があったとしても、非常にぼんやりしたものになります。

「なんかたくさん教えてもらったなー・・・」程度のものです。

 

そんなふんわりとした感想は、他の人に共有しようとも思いませんよね。

ましてやTwitterやFacebook感想を書くほどの感動もないはず。そうなると、そのセミナーの評判が誰かに広がっていくという可能性がまず消えます。

 

そして、セミナーを受け終わった参加者様。学んだ内容が頭に入ってないので、当然ですが実践することもできません。

そのセミナーの印象はセミナー翌日から日1日と薄れていくでしょう。

薄れていってくれればまだマシで、最悪の場合には「あのセミナーを受けたけど、結局なんにも役に立たなかったな」なんて思われてしまったり。

 

話し方が上手くなくても人気が出るセミナー講師は、「削り方」が上手!

 

だから。

私が初めてセミナーをやる人に伝えているのは、まず、たった一つだけ伝えることを心がけましょうということ。

それ以外は全部削っちゃいましょう!

 

はい、これ言うと大体の人がこう言いますよ?

 

「えっ?!たった一つだけ?!それでお金もらっていいんですか?」

 

うん、もちろんね、そのたった一つが全然的外れだったらダメですよ。

でも、その一つが、知りたい人が多かったり、困っている人が多いことなら絶対大丈夫。

 

例えば、我々。

ファッションの知識、たくさん持ってます。

だから、業界向けのファッションセミナーに行って、これからのトレンドの流れとか、今の業界情報とか、盛りだくさんな情報をもたらされたとしてもしっかりと整理しながら頭に入れられます。

 

でも、パーソナルスタイリストがセミナーを開く時来てくださるのは、おしゃれのことが苦手なお客様です。

その分野の知識がない方にたくさんの情報をお伝えしても、頭には入り切りません。

それに、特にファッションの情報はもう溢れかえっているから、逆にお客様はどの情報をを学べばいいか絞り込んで欲しいと思っているくらいです。

 

ですから

 

あれもこれも教えますセミナー

 

よりも

 

これだけ覚えれば大丈夫ということを教えますセミナー

 

の方が遙かに人気が出るし、受講後も参加者様の満足が続くんです。

 

これ、皆さん自分の苦手な分野に置き換えれば実感できると思いますよ?

例えばそうですね、資産運用とか?(得意な方はゴメンナサイ)

「この株とこの金融商品だけ買っとけば大丈夫!」って教えてくれるセミナーがあったら行きたいじゃないですか。←あるはずないけど笑

 

でもこれが、自分の得意分野で自分がセミナーを作る側になると、コロッと忘れちゃいます。もう皆さん詰め込む詰め込む。

そして、セミナー当日参加者様がポカーンとしてる前で大慌てするんです。あれ何でこんなに反応悪いんだろう、って・・・・・・。

 

 

 

例えば先日お客様限定で開催した、↑この、カワムラノリコ先生のメイクセミナー。

このカリキュラム作成も私が行ないました。

このセミナーで伝えたことは

「パーソナルカラー別に買い足すと良いプチプラコスメ」

これだけ。

 

ベースメイクのやり方とか、眉の描き方とか、なりたいイメージ別にうんたらかんたら・・・とか、いくらでも広げようがありますが、あえて、これだけ。

 

おかげで1つ1つのコスメについて使い方や利点を深くじっくり教えられたし、質問も受けられたし、高い満足度が得られたと思います。

 

いいですか、リピートアフターミー。

お客様に持って帰ってもらう知識はいくつもいらない!一つだけ!!

 

セミナーカリキュラムを作る際はこれを肝に銘じてくださいね。

 

・・・・・・あ、ちなみに、企業研修の場合には、この限りではありませんよ。

企業研修ってちょっと特殊で、参加者様の現状はどうあれ、人事担当者が目標とするレベルに引き上げなきゃいけないっていうのがあるんですよね。

なので一般向けの研修やセミナーよりも、内容が多くならざるを得ない時は結構多いです。

ですから、事前に人事担当者と、ゴールのレベルをどの程度にするかのすり合わせをしっかり行うことが非常に大事なんですが、まあ、それはまた別の話。

 

さてさて、ちょっと文章が長くなってしまったので、二つ目のポイントはまた次回お送りしますね!

 

「そもそも私って講師に向いている?」はこちらでチェック!

ファッションセミナー講師になるには?3つの資質をチェック!

 

「いざ、講師デビュー!」ではじめに失敗しがちなのが、参加者様の質問への答え方です。

その力も身につけたい!という方はこちら

セミナー講師になるには質問への対応力が必要不可欠!その5つのポイント

 

実際に、講師としても活躍する生徒さんの声はこちら

お買い物同行だけじゃない!幅広い仕事で活躍するパーソナルスタイリスト

 

パーソナルスタイリストには、セミナー講師以外にファッションライターという道も・・・!

様々な場所で活躍できるパーソナルスタイリストになるためには複数の柱を持とう!

 

その他、パーソナルカラーを目指すのに役立つ記事はこちら!

未経験からパーソナルスタイリストへ!第8期入門講座の先行入学期間スタート

for*styleパーソナルスタイリストスクール入門講座

パーソナルスタイリストになるには「感覚」ではなく「理論」が大切。

アパレル業界未経験者にとって必要な理論をまとめて身につけられる、FPSSの「入門講座」の第8期のご入学受付がスタートしました!

13年間第一線で活躍するスタイリストが直接指導。 どのスクールよりもスタイリング制作練習の時間が多い実践的なカリキュラムも人気です。
卒業生は開業して個人のお客様を集めるだけでなく、企業でセミナーを行ったり、ファッション誌から取材を受けたりと多彩な活躍をしています。


5月31日までのお申込で、最大6万5千円分の先行特典が得られます。
お申込は以下からお急ぎ下さい。

for*styleパーソナルスタイリストスクール第7期入門講座 詳細

 

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事: