イメージコンサルタントの資格をどこで取るか決める前に、知っておくべきこと

イメージコンサルタントの資格をどこで取るか決める前に、知っておくべきこと

こんばんは!
パーソナルスタイリスト・服装心理カウンセラーの久野梨沙(@RisaHisano)です。
ファッションで人の心を知り、動かす「服装心理学®」を活用した個人向けスタイリングやスタイリスト育成、講演活動などを行っています。

イメージコンサルタントの資格をどこで取るか決める前に、知っておくべきこと

イメコンブーム到来、と言ってもいいんじゃないかと思います。

肩書きはいろいろあれど、一言で言えば「人にファッションアドバイスをする職業」の人がすごいペースで増えていますし、このサービスの認知度も上がったおかげで利用する人の層もかなり広がっていることを実感しています。

 

私も「パーソナルスタイリスト」という肩書きではありますが、同じ業界で起業してから早14年。

私が起業したばかりの頃は、この職業の人はGoogleで検索しても1ページ埋まらない程度の人数しかいませんでしたし、人に説明しても「そんなサービスはじめて聞いた」と言われるくらいマイナーなものでした。

 

それがここまでのブームになるに至ったきっかけは、間違いなく様々な種類の「似合う服がわかる診断」の広がりでしょう。

パーソナルカラー診断を筆頭に、うちで教えている顔パーツ診断や体型診断、それ以外にも骨格診断やパーソナルデザイン診断など、その種類はどんどん増え続けています。

 

今ではこれらの診断を受けること自体を指して「イメコン(イメージコンサルタントの略)」と呼んでいる人も多いくらいです。

本来は、診断はイメージコンサルティングのサービスの中の一部に過ぎなかったんですけどね。

 

そのため、イメージコンサルタントやスタイリストになりたい人も、今ではまず真っ先に「どのイメコン診断の資格を取ろうかな?」と考えるようです。

資格を取れば、すぐに起業できる!と考えているし、そのようにアピールするスクールが多いからです。

 

でも果たしてその起業の仕方が自分に合っているかどうか、スクールに入る前にぜひ一度しっかり考えてみてほしいのです。

というのも、イメコンの資格を取っているのに、うちのスタイリストスクールに入り直したい・・・という人が多いからです。

 

皆が憧れる「予約がすぐに埋まってしまうイメコン」。でも現実は・・・・・・

皆が憧れる「予約がすぐに埋まってしまうイメコン」。でも現実は・・・・・・

例えば、イメコンの資格を取ろうと考えたときにまず憧れるのは、TwitterやInstagramでこんな告知をしているイメコンさんではないでしょうか?

 

イメコンさん
来月の予約は○日のAM10時から受付スタートです。毎回10分くらいで予約が全部埋まってしまいます。申し訳ありません!

 

イメコンさん
今月の予約も全部埋まってしまいました!また来月の予約開始までお待ち下さい!!

 

こんな風になれたらいいなぁ、って思いますよね。

こうなれたら完全に起業成功だな、って。

 

イメコンの資格を取ってもこんな風に「予約がすぐ埋まる売れっ子」になるのは難しいか、というと・・・・・・そんなこともないと思います。TwitterやInstagramでの集客を頑張って、お手頃価格でサービスを販売すれば、意外とこうなるのは難しくはありません。

 

でも問題は、こんな風に「予約がすぐ埋まる売れっ子」になればビジネスとして成功したと言えるのか、ということです。

 

もしあなたがビジネスとしてしっかりイメコンで稼いでいきたいと思っているのなら。

そもそも、毎月一斉に予約を受け付けているというのがどういう状況かということを、別の視点から見られるようになっておいた方が良いと思います。

 

毎月一斉に予約を受け付けるということは、逆に言えば、毎月それだけ新規のお客様を集めなければいけない、ということです。

つまり、自分のサービスを何度も利用して下さる、いわゆる「リピート客」がほとんど発生していない状態である、ということなんです。

 

イメコンの診断サービスがメインのやり方では、リピート客が生まれない

イメコンの診断サービスがメインのやり方では、リピート客が生まれない

パーソナルカラーなど、似合う服の診断やその資格の種類はいろいろありますが、多くが「診断結果はあまり変わらない」とされています。

 

パーソナルカラーはその代表で、その人の色素を元に診断しますから、人間の色素自体が入れ替わることがない以上、結果も一生変わりません(「一番似合う色」などの細かい部分は様々な要因により変わることがありますが、タイプ自体は変わりません)。

 

となると、1回診断を受ければそれで済んでしまうことになるんです。

ですから提供できるメニューが診断しかなければ、いくらお客様を集めてもその1回で終了です。

 

今月の予約が埋められても、また来月は全く違うお客様を1から集めなければいけません。

これがどれほど大変なことか、想像できますか?

ちょっとSNSでの発信をさぼれば、すぐに新規集客のペースは落ちていきます。

毎月毎月、来月・再来月の予約を埋めるためにずーっと発信をがんばらなければいけません。

 

そのうえ、これだけたくさんのスクールがあります。

診断をできるイメージコンサルタントはどんどん増えていきます。

先月までは自分の住んでいるエリアに自分しかいなかったから集客できたけど、今月になって一気に3人増えてしまって、がくっとお客様が減ってしまった・・・・・・。

そんなこともあちこちで起こっているんです。

 

新規のお客様を集め続けられたとしても、また違う辛さを感じるイメージコンサルタント

「いや、私は新規集客を頑張り続けられる!」という人も、「対応するお客様が毎回『初めましての人』」という状況に疲れ果ててしまうことがあります。

 

リピートのお客様がメインのビジネスは、新規集客を頑張り続けなくても収入が安定する他に、お客様との信頼関係がどんどん強まっていくメリットも大きなものです。

 

リピートして下さるということは、前回自分が提供したサービスに満足して下さったと言うこと。

それであれば、前回と同じ水準のサービスを提供すれば、少なくとも満足はして下さる。

さらにそれよりプラス1%でも進化したサービスを提供すれば、もっと喜んで下さいます。

その安心感たるや・・・!

 

一方、新規のお客様はこうはいきません。

自分の発信したSNSやブログを見て来て下さったとは言え、自分のサービスに満足して下さるかどうかは提供するまでわかりません。

SNSやブログの内容が上手く伝わっていなくて、「こんなサービスだとは思わなかった」と言われてしまう可能性もあります。

 

毎回新規のお客様ということは、毎回この緊張状態が続く、ということです。

そしてもし満足して下さったとしても、次回お目にかかれることはほとんどありません。診断を目的に来ているお客様は1度で終わると思っていますから、仮に他のサービスを用意していてもそれを申し込んでくれることはほぼないからです。

 

リピートが生まれる「イメコン」にする秘訣は、診断ではなくお悩み解決をメインにすること

リピートが生まれる「イメコン」にする秘訣は、診断ではなくお悩み解決をメインにすること

ちなみに、私が指導しているfor*styleパーソナルスタイリストスクール(FPSS)の卒業生には、上記のような「毎月一斉に予約を受け付ける」ようなやり方のスタイリストはいません。

私も、そういったやり方はしていません。

正確な言い方をすると、そういうやり方をしようと思っても出来ません。

 

なぜなら、先々の日程まで、リピーターさんのご予約で埋まってしまうからです。

 

仮に少し空いている日程が合ったとしても、その日はリピーターさんからご予約日をずらしたいと言われたときのための予備日として取っておきたいですし、そこまでパツパツに予約を入れなくても十分な売上があるので、無理に埋めていません。

 

なぜ、こんな風にリピートが生まれるイメコンサービスが作れるのか。

それは、診断をメインにしたサービスにしていないからです。

 

診断を売りにしてしまうと、その診断を受けたいお客様ばかり集まります。

それは裏を返せば「診断以外のメニューを受ける気がないお客様」であるということです。

 

FPSSでも、パーソナルカラー診断/顔パーツ診断/体型診断 の3つの診断技術は教えていますが、これをメインにした集客をしないよう、強くアドバイスしています。

 

逆に、リピートが生まれるサービスとは、診断を売りにするのではなく、お客様のお悩みを解決することが目的のサービスです。

 

実は診断を受けようと思う人の中にも、いろんな悩みがあります。

 

婚活に着ていく服を見つけたい人。

外見に昔からコンプレックスがあって、それを解消したい人。

服の買い物がとにかく面倒で、ぱぱっと買えるようになりたい人。

子供が産まれておしゃれに時間もお金も掛けられないから、買い物に失敗しないようになりたい人。

 

そこへ診断だけを売るのではなく、

 

・婚活に成功するイメージコントロール

・洋服の買い物代行

・定期的なまとめ買いへアテンド

 

といったサービスを提供するのです。

そうすれば、お客様はまた次の悩みを解決してもらおうと、そのイメージコンサルタントにまた相談しに来て下さいます。

 

お悩みを解決できるイメージコンサルタントになるには、「お悩みを引き出す技術」が必要

お悩みを解決できるイメージコンサルタントになるには、「お悩みを引き出す技術」が必要

でもこんな風にお悩みを解決するイメコンになるためには、まずはお客様からお悩みを引き出すことができなければいけません。

 

だから、FPSSでは、服装心理学に基づいたカウンセリング技術をかーなーりみっちりと習得してもらっています。

このカリキュラムだけで25時間(!)近くあります。

 

なぜ「お悩みを引き出す技術」まで教えるスクールがなかなかないかというと、そもそも心理学のバックグラウンドがある講師がいないということももちろんですが、それ以上に、カウンセリングを教えるのにはこれだけ時間がかかってしまうと言うことが大きいです。

 

はっきり言ってイメコンの診断だけ教えるのは簡単です。決まった理論を覚えてもらうだけなので、診断の考案者じゃなくてもできます。

だから授業数も増やせるし、スクールも増やせます。

生徒になる側も、「診断さえ出来れば起業できるんだ」と思っていれば、すぐに卒業できるスクールの方が嬉しいでしょう。

 

だから、こんなにイメコンの診断を教えるスクールや通信教育が増えているんです。

 

あなたはどうですか?

 

毎月新規集客をしてでも、毎回新しいお客様と会う方が楽しい!

 

とか、

 

趣味としてイメコンを極めたいだけだから・・・

 

という人は、診断の資格だけ取れば大丈夫。

 

でも、イメージコンサルタントとして安定したビジネスを長く続けたいと思うなら。

しっかりしたカウンセリング技術も同時に学んで、「お悩み解決できるイメージコンサルタント」を目指すことをお勧めします。

未経験者向け入門講座、第10期の入学受付スタート!  6月末までのお申込で最大4万1千円分の特典がもらえます

起業スクールは、自分がもう持っている「資産」に気づくための場でもある

アパレル業界での経験を活かして、より幅広い仕事で活躍しませんか?



デザイナー、バイヤー、アパレル販売員・・・
様々な職種の業界経験者が、FPSSで「外見診断技術」と「服装心理学®」を身につけてパーソナルスタイリストとしてデビューしています。

それだけでなく、ファッションライターや講師、ショップ開業などファッション知識を活かした様々な道で活躍中。



あなたの専門知識を活かした独立開業の方法を、14年間第一線で活躍するスタイリストが直接指導します。


入門講座からの進学生も多いため、残席はあと1席です。
お申込は以下からお急ぎ下さい。


for*styleパーソナルスタイリストスクール第10期基礎講座 詳細

未経験者向け入門講座、第10期は満席となりました!

アパレル未経験でも、スタイリストになるために必要な知識だけをぐっと凝縮して学べる「入門講座」。第10期は満席となりました。

次回開講が決まりましたらこちらのメールマガジンでいち早くご案内します。

久野梨沙 Risa Hisano

スタイリスト・服装心理カウンセラー久野梨沙

(株)フォースタイル代表取締役、(社)日本服装心理学協会代表理事。

大手アパレルメーカーで年間売上総額60億円に上るアパレル商品を手掛けた経験と、 心理カウンセラーとしての知識を活かし、独自の「服装心理学に基づくパーソナルスタイリング」を生み出しました。
All Aboutファッションガイドなどファッションライター、セミナー講師としても活躍中。

プライベートでは2016年生まれの男児を育てる1児の母。

詳しいプロフィールはこちら!