WEBが操れれば、無名でもパーソナルスタイリストやイメコン業の集客ができる

IT知識に自信がないあなたへ・・・スタイリスト・イメコン業ではこんな風に使います

こんばんは!
パーソナルスタイリスト・服装心理カウンセラーの久野梨沙(@RisaHisano)です。
ファッションで人の心を知り、動かす「服装心理学®」を活用した個人向けスタイリングやスタイリスト育成、講演活動などを行っています。

IT知識に自信がないあなたへ・・・スタイリスト・イメコン業ではこんな風に使います

今週末に控えたオンラインサロン「服装心理lab.」のオフ会。

本日、新型コロナウイルスの影響を考慮して、WEB配信に切り替えることに決めました。

といっても、毎回東京以外の会員さんに向けてWEB配信は行っていましたので、その対象者が全員に変わるだけですので、運営上は何の混乱も起こさずに済みました。

 

こんなとき、自分にIT知識が十分にあって、使いこなせてよかったなぁといつも痛感します。

パーソナルスタイリストやイメコン業にIT知識は必要?

パーソナルスタイリストやイメコン業にIT知識は必要?

さて、そんなお話しをすると、for*styleパーソナルスタイリストスクール(FPSS)に入学を考えている人から、「私、IT関係に弱いんですけど大丈夫でしょうか・・・?」というご質問を頂くことが増えるんですが。

 

そんな方には、私は「大丈夫です」と、自信を持って答えます。

 

それは、「IT知識がなくても大丈夫」という意味では決してありません。

FPSSに通えばイヤでもIT知識が身につくから大丈夫、という意味です(笑)。

 

それくらい、FPSSではIT知識を重視しています。

なぜかというと、IT知識がなければ、もはやパーソナルスタイリストやイメコン業での集客や利益率を上げるのは難しいからです。

 

WEBが操れれば、無名でもパーソナルスタイリストやイメコン業の集客ができる

WEBが操れれば、無名でもパーソナルスタイリストやイメコン業の集客ができる

 

例えば集客。

 

お客様の口コミやちらしなどのアナログなツールを使った集客をメインにしている卒業生ももちろんいますが、スタイリストやイメコンの8割以上が、何らかのWEBサイトやSNSを使って集客しています。

 

ちらし等と違って、WEB上での集客は、結果となる数値がはっきりとわかります。

何人がブログを見てくれたのか。そのうち何人がメールマガジンに登録してくれたのか。

Twitterのどのつぶやきが人気だったのか、どのつぶやきからブログに訪れてくれたのか・・・・・・などなど。

 

これらをしっかり分析して、使い方を改善していけば、0からのスタートでも必ず集客できるようになります。

 

しかしアナログな集客法はこうはいきません。

広告費などのお金か、友人の紹介などの人脈といった資産が必要になってしまいます。

 

ですから、FPSSでは開業講座でWEB集客の勉強をしっかりしますし、それも「LINE」や「Twitter」など特定のツールに偏らず、むしろ自分のお客様の属性に合わせてSNSやツールを選べるように教えます

WEBやSNSの世界は日進月歩なので、特定のものだけに頼ってしまうと危険ですからね〜・・・。

 

IT知識がないと、パーソナルスタイリストで起業しても利益が出せないことも・・・

IT知識がないと、パーソナルスタイリストで起業しても利益が出せないことも・・・

IT知識の有無は利益率も左右します。

 

例えば、今回のようなオフ会。もし私にWEB配信の知識がなかったら、今のような状況下ではオフ会自体の中止を選択せざるを得ません。

そうなった場合には、会員費の一部返還なども検討しなければならなかったでしょう。

 

また、起業したばかりのイメコンは、サロンを持っていませんよね。

そんなとき、直接会って診断するしかなければ、どこかのレンタルスペースを借りる経費がかかってしまいます。

しかし、FPSSの卒業生は皆、WEB配信の知識があってツールも持っているので、自宅でお客様とWEBを繋いで診断が出来ます。場所代ゼロ!

 

・・・あ、そうそう。これには、FPSSで教えている体型診断や顔パーツ診断が、写真だけで出来る診断方式であるということも大きなポイントですね。

直接触らなければいけない診断方式だと、そもそもWEB配信で実施するのは難しいです。

つまり、使う診断方式によって、かかる経費が変わってしまうということでもあるんですよね。

 

また、お客様にお送りするレポートも、PCがあれば無料ソフトだけでもかなり綺麗なものを作成することが出来ます。PDFで書き出してメール添付すれば送料だってかかりません。

これが印刷して郵送となると、意外と経費を食います・・・・・・。

FPSSでは、授業の中でレポート作成とチャットでの提出も必要になるので、このあたりも自然に身につきます。

ITツールは、起業におけるワークライフバランスも叶えてくれる

ITツールは、起業におけるワークライフバランスも叶えてくれる

 

そして、特に育児をしながらパーソナルスタイリスト・イメコン業での起業を考えている人には、「ワークライフバランス」という点で、ITツールの導入は欠かせません。

 

例えば、毎月実施している「服装心理lab.」の運営スタイリスト陣でのWEB会議。実は、平日の22時くらいからスタートしてます。

 

育児中の方ならよくわかると思うんですが、子供が小さいうちって、22時くらいの遅い時間の方が寝かしつけも終わって時間の自由が効くんですよね。

 

さすがにその時間から外出して打ち合わせするのは無理ですが、自宅からWEB会議に参加するなら大丈夫!

私もこの日のWEB会議は、開始5分前にやっと子供が寝付いて、ダッシュでPCの前に着席しました(笑)

自宅で会議ができるおかげで、育児との両立も叶っているんです。

 

また、毎日の運営スタイリスト陣やスタッフとの連絡はチャットを使っています。

メールのようにかしこまった文章が不要なので、スマホからでもぱっとメッセージを送れますから隙間時間でかなり仕事が進められます。

 

資料の共有はクラウドサービスで。

パスワードもかけられるし、一斉に一つの資料を編集しても編集記録が残るので安心です。

これも、効率化に役立ってワークライフバランスに寄与してくれています。

 

IT技術が発展したから、昔よりはるかに楽にパーソナルスタイリストになれる!

私自身WEBのみの集客でスタートして14年続けて来た身。IT技術がなかったら、きっと起業できていなかったと思います。

 

そして今は、私が起業したとき以上にIT周りは非常に充実しています。

 

だから、それを「私、ITには弱いから」という一言であきらめてしまうのはあまりにもったいないです!

 

そんな人のために、FPSSの授業で様々なツールを使ってもらうんです。

ぜひ、食わず嫌いをせず、挑戦して下さい。

とにかく、起業の難易度が格段に下がりますから!!

【4/24(金)〆切】アパレル経験者向け基礎講座のお申込受付中!

for*styleパーソナルスタイリストスクール基礎講座

アパレル業界での経験を活かして、より幅広い仕事で活躍しませんか?

デザイナー、バイヤー、アパレル販売員・・・
様々な職種の業界経験者が、FPSSで「外見診断技術」と「服装心理学®」を身につけてパーソナルスタイリストとしてデビューしています。
それだけでなく、ファッションライターや講師の仕事にまで手を広げる人も多数。

あなたの専門知識を活かした独立開業の方法を、14年間第一線で活躍するスタイリストが直接指導します。

入門講座からの進学生も多いため、残席はあとわずかです。
お申込は以下からお急ぎ下さい。

for*styleパーソナルスタイリストスクール第9期基礎講座 詳細

未経験者向け入門講座、第9期は満席となりました!

アパレル未経験でも、スタイリストになるために必要な知識だけをぐっと凝縮して学べる「入門講座」。第9期は満席となりました。

次回開講が決まりましたら以下のメールマガジンでいち早くご案内します。
ご登録の上、お待ち下さい!

パーソナルスタイリストになるための無料メールマガジン

久野梨沙 Risa Hisano

スタイリスト・服装心理カウンセラー久野梨沙

(株)フォースタイル代表取締役、(社)日本服装心理学協会代表理事。

大手アパレルメーカーで年間売上総額60億円に上るアパレル商品を手掛けた経験と、 心理カウンセラーとしての知識を活かし、独自の「服装心理学に基づくパーソナルスタイリング」を生み出しました。
All Aboutファッションガイドなどファッションライター、セミナー講師としても活躍中。

プライベートでは2016年生まれの男児を育てる1児の母。

詳しいプロフィールはこちら!