得意なことで起業したのに失敗してしまう、その理由とは?


▲暑いですねー。ビールが美味い!

 

こんばんは!
パーソナルスタイリスト・服装心理カウンセラーの久野梨沙です。
ファッションで人の心を知り、動かす「服装心理学®」を活用した個人向けスタイリングやスタイリスト育成、講演活動などを行っています。

★Twitterではこのブログになる前の小ネタを呟いています。短文の方が好きな方はこちらからぜひフォローを→@RisaHisano

不得意だからこそ伝えられることがある

先日、以下のようなツイートをしました。

 

うちのパーソナルスタイリストスクールは、アパレル未経験の人をスタイリストとして育てるのに特化しているんですが、未経験の人が入学に躊躇する理由は、だいたい

「自分みたいな大してセンスのない人間に、この仕事が出来るんだろうか」

みたいなこと。

 

でも上のツイートの通りで、実際には、「おしゃれが苦手だ」「ファッションセンスがないことにコンプレックスを感じていた」ってことこそが売り物になったりするのですよ。
かつて自分もできなかったから、同じような悩みを持った人に上手に教えられるんです。

 

お客様としても、「すごく優れている人よりも、共感できる人にサービスをしてもらいたい」って思っている人は多い。
プロとしては問題ないくらいのレベルであれば、スキルがものすごく優れているかどうかよりも、お互いに共感できるかが大事、って思う人が圧倒的多数です。

 

それに、そもそもパーソナルスタイリングっておしゃれが苦手な人が使うサービスです(基本的には)から、そんな人から見て、そのスタイリストがどれくらいのスキルを持っているかなんて判定できません。
じゃあどこでスタイリストを選ぶか、っていったら、「この人は信頼できる人なのかな」ってところ。そして、その信頼感の土台として、「共感」はとても強力です。

 

だから、起業では「優劣」より「違い」を意識しよう

だから、自分のビジネスを立ち上げるときは、「自分の優れているところ」をアピールするのはあまり意味がなかったりします。
それより、「自分が周りの人と違うところ」をアピールする方がいい。

 

パーソナルスタイリストになるなら、「アパレル業界出身」「ファッションセンスがある!」っていうのはアピールポイントにならないです。なぜなら、そんな人ごろごろいるから。

それより、
「すごい世話好きで、困っている人を見ると放っておけない度合いが過ぎる」
とか
「とにかく一つの仕事を続けられなくて、たくさんの業界を見てきた」
みたいに、プラスなことではなく一見マイナスに感じられるような所でもいいから、ちょっと周囲の人とは違うかな、といったところに着目してアピールしていくとよいです。

 

必ずその「違い」を求めて、もしくは共感して、「あなたにお願いしたい!」という人が来てくれます。

 

例えば、うちのスクールを先日卒業した遊馬りえさん。
最近Twitter開設してすごいおもしろいんです。

https://twitter.com/yumarie2/status/1025772035979468802

https://twitter.com/yumarie2/status/1025775803664031744

▲この「体感覚」の話はFPSS「開業講座」で服装心理学の授業を受けるとわかるように。授業のワークでは彼女の体感覚の強さが見つかりました

 

彼女との出会いのときから、一目見てもう気付いていました。発達障害かな、って。
しかしご本人は全く気づいてなかったらしく、卒業の時に
「私、実は発達障害ってわかって・・・スタイリストとしてやっていけるでしょうか・・・」
って重大な秘密を打ち明けるようにして話してくれたので、
「え、そうじゃないかなと思ってたよ・・・って、最近気づいたの?!」
と驚きまして。

ご本人としては、「発達障害だとわかってしまったら引かれるかも」と思っていたようなんですが、まぁ隠せませんよね、普通に(笑)
私だけではなく、同期の仲間もなんとなくわかっていたようで、彼女にいろいろアドバイスをしてくれていたようでした。
彼女は緊張した面持ちから一転、「なんだ、バレバレだったんだー!」と心底ほっとした顔をしていて。

そんなスクール生活を通じて、最終的には「自分をさらけ出しても大丈夫かも」「本当にやりたいことに突き進んでも大丈夫かも」って思えるようになったようで、吹っ切れたら面白いかもなぁ、と楽しみにしておりましたら。

 

開設した彼女のTwitterを見たら、これですよ。「エッセイ漫画家」!!
あんなに勉強してきたのにスタイリストどころか、ファッションの「フ」の字もない!!!
もう、大爆笑でした。こういうとこ、彼女らしくて本当にいいです。

 

まぁ、うちを卒業したからってスタイリストになる必要はない、って私もよく話してましたしね。それよりも、スクールに入ったことで自分と他人の違いを知って、それを隠さずに思い切り出していこう、と思えたことが素晴らしいと思います。
すごく楽しそうだし、自信があるように見えるし、何より発信している内容も面白い!
これでいいんだよなぁ、ってつくづく感じました。

 

自分の「違い」は良質な比較の場がないと見つからない

結局、人は一人でいても自分の「違い」には気づけません。
だれかと比べることではじめて自分らしさや違いに気づけます。

でも比較の場を見つけるのが意外に難しいのです。とかく「比較」っていうと、優劣をつけることになってしまいがちじゃないですか。
そうじゃなくて、単純に「違うね」「面白いね」「それもあれも全部いいね」って言い合える環境が必要で、うちのスクールがその役割を果たせるようになっているんだと思います。

もしあなたが自分の違いに気づいていないようなら、単に知識を身につけるスクールではなく、自分自身の発見までできるスクールを選ぶと、起業までスムーズに運ぶはずです。

 

「違い」のヒントを見つけに来ませんか?

そこで、9月8日(土)に開催が決定した「パーソナルスタイリスト1day講座」では、あなたの「違い」、つまりオリジナリティを見つけるってどんなことかを体感して頂くための内容をたっぷりご用意しています。

ある卒業生さんがオリジナリティを見つけて開業するまでのリアルなストーリーを語ってもらったり、自分のオリジナリティが透けて見えてしまうワークをやったり。

いつも同じような生活、同じような環境にいるだけではなかなか自分と人との違いに気づけることはありません。「類は友を呼ぶ」の法則で、意識して違う環境に飛び込んでいかないと、似た人と集まってしまいがちだからです。
ぜひ一度、1day講座に来てみて下さい。いろんなバックグラウンドの人と出会うことで、自分の個性にも気づけますよ!

 

お席が埋まり始めていますので、ぜひお早めにお申し込み下さい。
詳細はこちら→パーソナルスタイリスト1day講座

 

 

現在、アパレル経験者向け基礎講座のお申込受付中!

for*styleパーソナルスタイリストスクール基礎講座

アパレル業界での経験を活かして、より幅広い仕事で活躍しませんか?

デザイナー、バイヤー、アパレル販売員・・・
様々な職種の業界経験者が、FPSSで「外見診断技術」と「服装心理学®」を身につけてパーソナルスタイリストとしてデビューしています。
それだけでなく、ファッションライターや講師の仕事にまで手を広げる人も。

あなたの専門知識を活かした独立開業の方法を、12年間第一線で活躍するスタイリストが直接指導します。
入門講座からの進学生も多いため、残席はあとわずかです。
お申込は以下からお急ぎ下さい。

for*styleパーソナルスタイリストスクール第6期基礎講座 詳細


なお、未経験者向け入門講座の第6期は満席となりました。

第7期の開講は2019年上旬を予定。
開講が決まりましたらこのブログでご案内します。



for*styleパーソナルスタイリストスクール入門講座 詳細

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事: