パーソナルスタイリストに資格はいりますか?

なぜ、みんな「パーソナルスタイリスト」の資格を欲しがるのか?

日本人も、フランス人のように10着しか服を持たずに暮らせるのか問題

こんにちは!パーソナルスタイリスト・服装心理カウンセラーの久野梨沙です。

おかげさまで「パーソナルスタイリスト 資格」と検索すると、ほとんどの検索サービスでこのブログが1位になるおかげで、弊社が業界の窓口のようになっているわけです(笑)

取材依頼から企業からのご相談まで、そりゃあもう毎日いろいろなお問合せがありますが、やはり多いのは、「パーソナルスタイリストになりたい」という方からの養成スクールに関するお問合せ。

 

その中で特に多い質問は

「そちらのスクールでは、パーソナルスタイリストになるための資格を発行してくれますか?」

というものです。

 

さて、結論から言ってしまいますと、パーソナルスタイリストは、その他いろいろなスタイリストと同様国家資格があるわけではありません。
したがって、極端な話、名乗ればあなたも今日からパーソナルスタイリスト、です。

 

さて、ここからが大切なお話。

それにも関わらず、なぜ「資格を取らなければ」と思ってしまう人が多いのか・・・と不思議に思い、問合せをして下さった方たちにたずねてみたところ、わかったことは
資格がない人がこの仕事をやるのが違法
と感じさせるような言い方をしているスクールがいくつかあるから、のようなのです。

 

 

スクールを選ぶときには、資格の有無や名称よりもっと大事なことがあります!

 

そう、資格がなくてもスキルさえあればなれるのがパーソナルスタイリストです。
だから、スキルを身につけるための勉強は確かに必要ですが、資格は必須ではありません。
パーソナルスタイリストは国家資格ではありませんから、資格がないからといってこの仕事をやることは違法でも何でもないので、「資格を取らなきゃだめ」というようなことを言っているスクールには注意が必要です。

また、このサービスが日本でまだ全く知られていない頃からこの仕事をしているキャリア13年目の私の実感から言っても、資格のある・なしが集客を左右するということも・・・正直、ないです。(←言っちゃった!)

資格を取らなくてもパーソナルスタイリストにはなれるし、それどころか資格を取ったからといって仕事の保証があるわけでもないのです。

 

では、純粋にパーソナルスタイリストとしてのスキルを身につけるためのスクールを選ぶときには、どんなところをポイントにしたら選んだらよいのでしょうか?

具体的には、チェックすべきポイントは4つあります。

 

取得できるまでのカリキュラムがしっかりしているかどうか

「しっかりしているかどうか」って言われても、生徒さんの側から見分けるのは難しいですよね・・・

でもやっぱり、通信教育だけとか、数回の講座だけで取得できるような資格はやめた方が良いと思います。

あなたが簡単に取れる資格ということは、他の人も簡単に取っている資格ということです。

通信や数回の講座だけで身につけられるほど、スタイリングのスキルは簡単ではありません。
スキルが身についていない人ばかりが持っている資格は、いずれその信用が下がってしまい、持っていても意味のないものになってしまいます。

 

また、ファッション理論やカラー診断・骨格診断しか教えないスクールにも注意が必要です

皆さんがスタイリストとして起業してすぐにやることって何だと思いますか?
お客様のスタイリング?カラー診断?違いますよね。

お客様を集めること = 集客 です。

 

集客できなければ、せっかくスタイリング論や診断技術を学んでも使う機会が永遠に訪れないんです。

最近ではカラー診断や骨格診断の認知度が上がったせいで、それらの診断を既に受けたことがあるお客様が増えました。
単に診断するだけであれば非常に安価な料金で提供しているスタイリストも増えたため、診断ができるだけでは集客が非常に難しいんです。

 

かといって集客術しか教えないというのも問題です。
巷で流行っている集客術(SNSを使うとか・・・動画を配信するとか・・・)で何とかお客様を集められたとしても、お客様に満足していただけるスタイリングスキルがなければ、リピート利用していただけません。

この仕事は、リピーター命です。
リピーターさんがいなければ、食べていくことはできません。

ですから、ファッションの基礎知識、スタイリング論、似合う服を選ぶための診断技術、さらに似合わない服の似合わせ方、そして集客術のすべてをしっかり教えてくれるかどうか、カリキュラムを確認してくださいね。

 

経験のあるスタイリストが講師であるかどうか

カリキュラムだけでなく、教わる講師も大切です
そのスクールの運営者や講師自体が、パーソナルスタイリングのお客様を集客できているかを、ブログなどを見て確認しましょう。

 

パーソナルスタイリストとしてのノウハウの蓄積が浅い団体のカリキュラムは、推して知るべし、です。
例えば服飾専門学校が参加している団体もありますが、一般的に服飾専門学校というのはは雑誌のスタイリスト養成向けのカリキュラムしか持っておらず、パーソナルスタイリスト育成のノウハウの蓄積はありません。

雑誌のスタイリストの仕事とパーソナルスタイリストの仕事はまったく別物ですので、そこで実践的な学習をすることは困難と言わざるを得ません。

 

では、なぜそのような資格団体を設立したり、スクールを作ったりするパーソナルスタイリストが後を絶たないんでしょうか?

 

それは、スクールで学びたいという人を集める方が、パーソナルスタイリングのお客様を集めるより楽なことが多いからです。
なので、パーソナルスタイリストになったものの集客できなかった人が、パーソナルスタイリストのスクールを始めて食いつなごうとするのはとてもよくある話です。

そんなスクールで学べば、パーソナルスタイリストとしての集客方法は当然学べません。
それでまたその生徒が集客できずに先生業へ・・・とその繰り返し。

 

もしあなたが形ばかりの「先生」になりたいのではなく、パーソナルスタイリストとしてしっかり集客したいのなら、集客できていない講師から学ぶことは何もありません。 

資格発行ビジネスしかできない結果になってしまいますよ。

 

資格取得後のサポートの内容にも注目!

コーデの知識_1

資格自体ではお客様は集められませんから、むしろ資格を取ってからが大変なわけです。

なのに

「資格取れたね、おめでとう!」

で終わりとなってしまうスクールでは一番大変なときに、頼ることができません。

具体的には、実践の場を設けてくれるかどうかや、仕事の斡旋があるかどうかなど、自分の力で仕事を取れるようになるまでを支えてくれる内容かどうか、を見た方がよいでしょう。

 

ここでも、講師やスクール自身がスクール以外の本業務(パーソナルスタイリングなど一般向けのサービス)をしっかり運営できているかが問われますね。
本業務が運営できていれば、その中から仕事を斡旋してもらえたり、実践の場を設けてもらえたりできますから。

 

資格取得までの指導が画一的でなく、自分の「強み」を引き出してくれるかどうか

school01

実は一番大切なのはこれ。

ここまで読んでくださった方は、資格を取ってから・スタイリングスキルを身につけてからがスタートなんだ、ということに気づいたはず。

 

今、パーソナルスタイリストやイメージコンサルタントなどの業界は過当競争に入っています。

そもそも色々な資格が乱立していて、資格を持っている人が多いのですから、資格だけでは集客ができないのは当然のこと。
ですから、最低限の集客術だけ学んでも、まだまだ不足なのです。

 

たくさんいるライバルの中から、お客様に選ばれるパーソナルスタイリストになるには差別化がマストです。
それには、あなただけの強みや特徴を伸ばし、誰に向けて、どんな風にアピールするかを戦略的に計画していかなければいけません。

でも、ここまでサポートしてくれるスクールは正直、皆無。 
それどころか、講師自身の成功体験を元にした集団指導しかなされていないのが現状です。

性格や資質によって、成功しやすいやり方は異なります。
ですから、講師の成功したやり方をやったからといって、あなたが成功するとはかぎりません

 

そのため、本来はあなたの強みや性格をしっかり分析して、あなたに向いているやり方を教えてくれるところがベストなのです。

でも、資格取得を目的に、集団で画一的に学ぶようなところには、そんな指導方法はもちろん望めません。

 

 

*** 

さて、ここまででお気づきの通り。

このすべての条件を満たしているスクールを卒業すれば、資格なんて持っていなくても、パーソナルスタイリストとして十分独り立ちはできるんですよね。

でも、こういったスクールが存在しないので、私が経営するフォースタイルでパーソナルスタイリストの人材募集をしても、弊社の求めるクオリティに達しているスタイリストを見つけることはできませんでした。

 

そのため、「本当の意味でパーソナルスタイリストを育てられるスクールがないのなら私たちがやるしかない」と考え、オープンさせたのが「for*styleパーソナルスタイリストスクール」です。

 

IMG_7827 のコピー 3

元々、うちの業務を担当できるパーソナルスタイリストが不足しているから作ったスクールなので、スクールそれ自体で収益を上げようとは考えていません

だからこそ、割のあわない(笑)濃いカリキュラムの授業をしていますし、一人一人にうちの業務も担当してもらう気持ちで指導していますから、マンツーマンで性格分析をして、向いているビジネスの指導までしています。

 

資格に関しては、どうしても、と希望する方には私たちの仲間の証として発行はしています。
ただ、お客様からのリピートのご依頼の数や、お喜びの声が、パーソナルスタイリストとして働くことを認めてくれる唯一の資格であり、勲章だ!というのが本来の想いです。

だから、資格取得をゴールにせず、卒業生の皆さんが、お客様から喜ばれるスタイリングをできるよう真剣にプロデュースしています。

 

ここまで読んでくれて、共感してくれたあなたなら、きっとうちのスクールを有効活用してくれるはずです。

キャリア13年を誇る私が直接指導、服装心理学も学べるfor*styleパーソナルスタイリストスクールで、一緒にパーソナルスタイリングを広めて下さる方を心よりお待ちしています!

 

現在、アパレル経験者向け基礎講座のお申込受付中!

for*styleパーソナルスタイリストスクール基礎講座

アパレル業界での経験を活かして、より幅広い仕事で活躍しませんか? 



デザイナー、バイヤー、アパレル販売員・・・ 

様々な職種の業界経験者が、FPSSで「外見診断技術」と「服装心理学®」を身につけてパーソナルスタイリストとしてデビューしています。

それだけでなく、ファッションライターや講師の仕事にまで手を広げる人も!



あなたの専門知識を活かした独立開業の方法を、13年間第一線で活躍するスタイリストが直接指導します。



入門講座からの進学生も多いため、残席はあとわずかです。

お申込は以下からお急ぎ下さい。

for*styleパーソナルスタイリストスクール第8期基礎講座 詳細

 

未経験者向け入門講座、第7期は満席となりました! 第8期は、2020年上旬開講予定です

アパレル未経験でも、スタイリストになるために必要な知識だけをぐっと凝縮して学べる「入門講座」。第7期は満席となりました。

第7期の開講は2020年上旬を予定。
開講が決まりましたらメールマガジンでいち早くご案内しますので、ご登録の上お待ち下さい!

for*styleパーソナルスタイリストスクール入門講座 詳細

 

また、パーソナルスタイリストを目指すのに必要な情報をまずは知りたい方は、以下の無料メールレッスンのうち、2つめのメールレッスンにご登録下さい!

 

 

 

 
 
 

久野梨沙 Risa Hisano

スタイリスト・服装心理カウンセラー久野梨沙

(株)フォースタイル代表取締役、(社)日本服装心理学協会代表理事。

大手アパレルメーカーで年間売上総額60億円に上るアパレル商品を手掛けた経験と、 心理カウンセラーとしての知識を活かし、独自の「服装心理学に基づくパーソナルスタイリング」を生み出しました。
All Aboutファッションガイドなどファッションライター、セミナー講師としても活躍中。

プライベートでは2016年生まれの男児を育てる1児の母。

詳しいプロフィールはこちら!