では、もし新しくパソコンを買うならどんなものがよい?

パーソナルスタイリストで起業するのに必要なパソコンやIT環境まとめ【2020年版】

こんばんは!
パーソナルスタイリスト・服装心理カウンセラーの久野梨沙(@RisaHisano)です。
ファッションで人の心を知り、動かす「服装心理学®」を活用した個人向けスタイリングやスタイリスト育成、講演活動などを行っています。

パーソナルスタイリストで起業するのに必要なパソコンやIT環境まとめ【2020年版】

先日の土曜日から、for*styleパーソナルスタイリストスクールの第8期基礎講座がスタートしました!

入門講座でファッションの基本的な理論を身につけ、いよいよ基礎講座では似合う服を選ぶための3つの診断を学んでいきます。「これぞパーソナルスタイリスト!」っていう授業ばかりなので、生徒の皆さんのワクワク感がこちらにもものすごく伝わってきました!!

パーソナルスタイリストで起業するのに必要なパソコンやIT環境まとめ【2020年版】

さて、スタイリストとしての開業が見えてくるとよく質問頂くのは、

 

「スタイリストの仕事にも、やっぱりちゃんとしたパソコンって必要ですかね?」

 

というご質問です。

 

「IT弱いんですけど、起業までに強くなっておいた方がいいですよね・・・?」っていう質問も多いですね。

 

特に私が、お客様にIT関係が多いこともあって、パーソナルスタイリストの中ではかなりITに強い方でガジェットも色々駆使しているお話しをするので、こういった質問をされることが多いのだと思いますが。

 

で、まぁ過去にもそういう記事を書いたことは確か合ったと思うのですが、こういうIT環境って日進月歩。

なので最新状況を書いておいた方がよいかな、と思い、改めてまとめてみます!

 

パーソナルスタイリストになるのにパソコンは必要?

 

まずこちらの答えからですが、

 

数年前より必要性は減ってスマホだけでもできないことはない。

が、効率を上げたいなら買った方が良い。

 

が今の結論です。

 

詳しく説明していきましょう。

 

数年前から、私のこのブログでもスマホで閲覧している人の割合の方が圧倒的に多くなりました。

お客様がスマホを使っているのであれば、スタイリスト側もスマホでの発信でも問題ないわけで、連絡方法もお客様に合わせてメールよりLINEの方が喜ばれたりしますので、そういう人たちをターゲットにするのであれば、スマホだけで事は済みます。

 

また、事務作業などを進めるにあたっても、WEBベースのツールや便利なスマホアプリが増えています。その点でも、スマホだけでも仕事をするのは難しくなくなってきたと言えます。

 

スマホ専用の画像加工アプリなんかも多いですし、ちょっとしたチラシなんか作るのもテンプレートがあるアプリを使った方が、1からパソコンで自作するよりはるかにデザイン性の良いものが作れます。

 

例えば、うちのオンラインサロン「服装心理lab.」の中でもメンバーさんやチューターが使っている!と話題になったのが、「Canva」というアプリ。

 

おしゃれなテンプレートが目的別に揃っているので、文字や写真を変えるだけでプロっぽい見た目のものができちゃいます。

 

なので、スマホだけでも仕事はできないことはありません。

 

しかし、その上で、FPSSの生徒さんにはできればパソコンを使えるようになることをお勧めしています

 

それはなぜかというと、やっぱり仕事をするのにパソコンの方が圧倒的に効率は上がるんですよね。

まず単純に、画面は大きいほうが効率は上がります。文章を一覧できますのでミスに気づきやすくなりますし、資料を参照しながらブログを書けたりもします。

文字を打つ速度も、一般的にはフリック入力よりキーボードでタイプした方が速いですよね。

 

あとは顧客管理システムとか、ビジネスツールはまだまだパソコンベースのものが多いという事情もあります。

 

では、もし新しくパソコンを買うならどんなものがよい?

では、もし新しくパソコンを買うならどんなものがよい?

じゃあ、もし今、パーソナルスタイリストを目指す人が新しくパソコンを買うとしたらどんなものがよいか、ですが。

 

高いスペックを持つPCよりも、持ち運びしやすいPC:スマホ=1:1が良いと思います。

 

というのは、パーソナルスタイリストってとにかく外出が多いんですよ。

起業したての頃は特にサロンを構えていないでしょうから基本出張サービスですよね。

となると、外出先で、ご予約とご予約の隙間時間でいかにデスクワークを進められるかが勝負になってくるんですよね。

 

これができないと、別にデスクワークの日を確保しなければいけないので、効率が落ちる=自分の時給が下がることになります。

 

軽いノートパソコンで手頃な価格というとメモリが少なくなりますが、

 

WEBを見ながら画像加工ソフト開きながら動画編集をする

 

みたいなハードな使い方をしなければ、問題にならないと思います。

 

また、今はデータ類はすべてクラウドサービスに保存しておけますので、パソコン本体にデータを保存しなければ、重くなることも防げます。

 

WEBを開いてメールを送ったりSNSを更新したりブログ書いたりくらいしか使わない・・・ってんであれば、タブレットでもいいくらい。

 

「手書きが好き!アイディアは手で書いた方がよく浮かぶ」

「手書きの方が早い」

なんて人は、iPadProですね、やっぱり。本当に紙に書いている感覚で使えます。

 

 

例えば私のこのツイートに添付してる画像内のコメントも、iPadProで手書きで書いたものです。パパッとコメントできるから楽!!

 

で、「手書きは特にしないな〜」って人は、Androidの方がお手頃価格のもの、多いです。

私は自宅ではHUAWEIのAndroidタブレットも使ってます。家の中でふらふらしながら仕事したりKindle本読んだりする用途ですね。丈夫でサクサク使えます。

HUAWEIってブランドに拒絶感示す人も多いかも知れませんが、コスパは最強ですよ・・・・・・!

 

タブレットメインにするならなおさらデータをクラウドに置いておくことは必須で、DropboxとかGoogleドライブとか、iCloudとかに月額課金する前提で予算組みしておきましょうね。

 

パーソナルスタイリストの起業には、ファッション分野以外にも必要な知識が多い!

パーソナルスタイリストの起業には、ファッション分野以外にも必要な知識が多い!

「コーディネートの知識やパーソナルカラー診断などを身につければ、すぐにパーソナルスタイリストになれるはず」と思っている人は多いものですが、しっかりビジネスとしてやっていくためには、ファッション分野以外にも身につけておかなければならない知識は結構あるんですよね。

 

今回のパソコン周りの環境のお話しもその一つ。

 

そういった地盤がしっかりしていないと、いくらパーソナルスタイリストとしての知識はあってもお客様を集められなかったり、スムーズなコミュニケーションが取れなくなってしまうのです。

 

通信教育でパーソナルカラーを学んでも結局起業できない・・・という人が増えているのは、こういった「ビジネスをするための知識」が教われていないことが原因だと思います。

FPSSでは、開業講座のほとんどの授業が、事業計画と開業準備ですからね・・・・・・。それくらい大切だってことです!

【4/24(金)〆切】アパレル経験者向け基礎講座のお申込受付中!

for*styleパーソナルスタイリストスクール基礎講座

アパレル業界での経験を活かして、より幅広い仕事で活躍しませんか?

デザイナー、バイヤー、アパレル販売員・・・
様々な職種の業界経験者が、FPSSで「外見診断技術」と「服装心理学®」を身につけてパーソナルスタイリストとしてデビューしています。
それだけでなく、ファッションライターや講師の仕事にまで手を広げる人も多数。

あなたの専門知識を活かした独立開業の方法を、14年間第一線で活躍するスタイリストが直接指導します。

入門講座からの進学生も多いため、残席はあとわずかです。
お申込は以下からお急ぎ下さい。

for*styleパーソナルスタイリストスクール第9期基礎講座 詳細

未経験者向け入門講座、第9期は満席となりました!

アパレル未経験でも、スタイリストになるために必要な知識だけをぐっと凝縮して学べる「入門講座」。第9期は満席となりました。

次回開講が決まりましたら以下のメールマガジンでいち早くご案内します。
ご登録の上、お待ち下さい!

パーソナルスタイリストになるための無料メールマガジン

久野梨沙 Risa Hisano

スタイリスト・服装心理カウンセラー久野梨沙

(株)フォースタイル代表取締役、(社)日本服装心理学協会代表理事。

大手アパレルメーカーで年間売上総額60億円に上るアパレル商品を手掛けた経験と、 心理カウンセラーとしての知識を活かし、独自の「服装心理学に基づくパーソナルスタイリング」を生み出しました。
All Aboutファッションガイドなどファッションライター、セミナー講師としても活躍中。

プライベートでは2016年生まれの男児を育てる1児の母。

詳しいプロフィールはこちら!