お金も人脈も不要!マスコミに取材してもらえるたった一つのコツ


 

お金も人脈も不要!マスコミに取材してもらえるたった一つのコツ

このところ、春に向けて毎日のように取材の対応に追われています。

こちらは報知新聞さんに取材頂いている様子。
読者モデルさんにご協力頂き、
この時期に役立つあるファッションアイテム
活用方法をお伝えしました。

※まだ掲載前なので、画像の一部はぼかしで失礼致します・・・

 

お金も人脈も不要!マスコミに取材してもらえるたった一つのコツ

そして今日は、日刊ゲンダイさんの取材。

男性向けに、服装でのイメージコントロール方法
お伝えする記事になる・・・はず。

 

こんな風に様々な媒体に取材をしていただくことは、
私のパーソナルスタイリングサービス
より多くの方に知って頂くことにつながる、
とてもありがたい機会です。

サービスを知ってもらうだけなら広告を出せばいいと考えがち。
しかし、取材記事の方を重視する消費者が多いためか、
広告よりも取材記事のほうが、
結果的に宣伝効果が高い
という実感があります。

 

とはいえ、広告と異なり、
取材はしてもらいたいからといって
来るものでもありません。

 

では、どうすればマスコミから
取材依頼がもらえるようになるのでしょう?

 

私が起業以来8年間を通じて
実践しながら導き出してきた
お金も人脈も不要の、たった一つのコツ
お伝えします。

それは・・・

 

マスコミに取材してもらうためには、
自分の強みをひたすらしつこく訴え続けるべし!!

お金も人脈も不要!マスコミに取材してもらえるたった一つのコツ

あら?「なんだ、そんなことなら知ってるよ!」って
思ってませんか?

でもこのコツ、知っていてもできていない人も多いんですよ〜。

 

たとえば、「強み」の部分。

自分では強みと思っていても、
その業界にあなたよりその分野に強い人がいた場合には
あなたの元にマスコミ取材が来る可能性は低いでしょう。

また、強みの差別化を意識するあまり
強みがニッチになりすぎて、そもそも世間の関心が集まりづらく
メディアから取り上げられにくくなっているケースも
とても多いわけです。

これは、非常に長い独自の肩書きを作って活動している人
陥りがちなパターンですね。

 

そう考えると、強みって、
なかなか自分だけでは思いつきづらいもの。

客観的に見てくれる他者にヒアリングしてみたほうが
良いヒントが得られるかもしれません。

 

また、アピールしている強みの方向性が仮に正しくても、
「ひたすらしつこく訴え続ける」ことが
できていないパターンも多々。

 

マスコミの皆さんは、常にネタ探しをしていますので
人々の関心が集められそうな情報にアンテナを張り巡らせています。

しかし、そこへ届く情報の量も半端ではありません。
アピール力が弱くては、すぐに忘れられてしまいます。

 

ブログでも、WEBサイトでも、普段の活動でも。
どんな場面でも一貫して、あきらめずに自分の強みを伝え続けること。

これがぶれてしまったり、わかりづらくなってしまったりするようでは
マスコミのアンテナに届くことは難しいでしょう。

 

訴えていることと、その本人の
イメージの不一致にも注意!

 お金も人脈も不要!マスコミに取材してもらえるたった一つのコツ

「強みを」「しつこく訴える」ことが仮にできていても
その人の印象がぶれれば、伝わりづらくなってしまいます

 

例えば
「エコを訴えているのに、
見た目はヘアメイクばっちりで、
服装もぎらぎらと都会的」

という不一致は、相手に与える印象を不安定なものにします。

せっかく言っていることは一貫しているのに、
見た目の印象がそれを邪魔しているケースも非常に多いものです。

 

私がパーソナルスタイリング
起業家や経営者の方に提供しているのは
この、「強みと見た目の印象の一致」を生むのが目的の
ファッションコーディネートなんです。

 

このコツを実行した弊社スクール卒業生も、
続々マスコミ取材を受けています!

お金も人脈も不要!マスコミに取材してもらえるたった一つのコツ

先日は、弊社パーソナルスタイリストスクール卒業生の
Hiromiさんが、早くも2回目となるマスコミ掲載を果たしました。

 

お金も人脈も不要!マスコミに取材してもらえるたった一つのコツ

春夏トレンドカラーはイエロー!
スタイリストに聞いた悪目立ちせず先取りするポイント | 「マイナビウーマン」

 

これも、Hiromiさんが、
「カラーコーディネートが得意」という強みを
コツコツと訴え続けてきた成果だと思います。

 

また、フォースタイルのパーソナルスタイリストスクール
マンツーマンなので、
そもそも生徒さんの強みを見つけやすいという
アドバンテージも大きいです。

 

パーソナルスタイリストに限らず、フリーランスなら
取材をもらうための訴求方法は同じ!

 

強みを効率良くアピールして、
無料で(時には取材謝礼費をもらって!)宣伝できる
マスコミ取材につなげたいという方は、ぜひ一度ご相談下さいね。

ここでお伝えした方法をベースに、あなたに最適な方法を
イメージコントールの観点からお伝えします。

マスコミ取材につなげるための
イメージコントロールのお問合せはこちらから!

※「内容」欄に「マスコミ取材につなげる方法」と記載下さい

 

また、パーソナルスタイリストを目指したいと考えている方
ただいま、リニューアルした新カリキュラムを
ご案内スタートしています。

もちろん、取材を受けるためのノウハウも
マンツーマンでしっかりお伝えします。

新カリキュラムでは、アパレル業界経験・未経験別に
ぴったりのコースで学べるようになっています。
ご関心がある方は、以下のお問合せフォームからご連絡下さい!

お問合せフォームはこちら
※内容欄に「ファッションスクール新設コース案内希望」
とご記入下さい

 

 

 

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事: