夏のスカートと足元のコーデ方法

夏のスカートと足元のコーデ方法
Image: FreeDigitalPhotos.net

こんばんは!
パーソナルスタイリスト・服装心理カウンセラーの久野梨沙(@RisaHisano)です。
ファッションで人の心を知り、動かす「服装心理学®」を活用した個人向けスタイリングやスタイリスト育成、講演活動などを行っています。

 

この時期、女性のお客様から多いコーディネートのご質問。
先日のお買物同行でも、またご質問がありました。

それは、

「スカートを履きたいんだけど、
タイツもブーツも履けないこの時期、
足元をどうすればよいかわからないんですが・・・」

というもの。
この疑問、特にヒールを履きたくない方に多いのです。

秋冬は、ヒール無しでもブーツを合わせてしまえばなんとなくまとまる気がする。
だけど夏は、生足にヒール無しのサンダルでは、
なんだか脚もあまりキレイに見えないし・・・
ということで、ついついパンツに逃げがちです。

この解決方法は、
もう少し深くその人の疑問を掘り下げてみると見えてきます。

1.ヒールを履くと脚が疲れるから履きたくない、
だからスカートも履けない!というタイプの場合

確かに、ヒール付の靴なら、
どんなスカートでも比較的似合いやすくなります。

もし脚が疲れるのが問題と言うことなら、
「疲れないヒール靴」があれば問題は解決します。

 

「コンフォートパンプス」と呼ばれるジャンルの靴なら、ヒールがついていても、

・クッションがしっかりしていて衝撃吸収性が高い
・幅が比較的広く、足に当たりづらい
・ヒールが太い、もしくは上記の靴のように
ウエッジソールと呼ばれる前からつながっている形で、
安定性が高い

といった理由で、疲れにくくなっています。

「このヒール靴なら履ける!」というものが見つかれば、
一緒にスカートを買っても無理なくはきこなせる方が多いです。

 

2.生足を出したくない、
でもストッキングなども履きたくないというタイプの場合

「スカートの女性らしい雰囲気さえあればよい」ということであれば、
ロングスカートがお勧め!
ロングスカートなら、ぺたんこサンダルからスニーカーまで
相性良くコーディネートできますよ~。

この夏は大ブームになったことで、
丈も柄もバリエーションがたっぷりなので、
背が低い人でも似合う物が見つかるはず。

冬になると、アウターとの相性を考えなければいけず、
着こなすのが難しくなるアイテム。
夏のうちに楽しみましょう!

薄すぎない素材を選べば、
秋口にブーツと合わせても着られるのでセールでぜひ探してみては?

3.ヒールもロングスカートも履きたくない!
という場合には・・・

一番難しいケース(笑)!
もし、ぺたんこシューズでロングスカート以外のスカートを
履きたいのであれば、
膝下が少しでも長くすっきり
キレイに見えるような形・丈

を選びましょう。

ヒールがあると、膝下が長く見えますよね。
でもヒールがないわけですから、
いつもより少し短い丈のスカートを選んだ方がよいかもしれません。

相当背が高い人でない限り、長くても膝上。
場合によっては膝上5cmくらいでちょうどよいことも。
私がスタイリングするときは1cm単位で足の見え方をチェックして、
ベストな丈にお直しします。

足の形に合わせて、形も慎重にセレクト。
フレアスカートがよいのか、
プリーツスカートがよいのか、タイトスカートがよいのか。
「フレアスカート」と一口にいってもその広がり方は様々ですよね。
自分で探すなら、相当数試着するつもりで!

そんな風に慎重に選べば、
ぺたんこ靴でも似合うスカートにきっと出会えます。

ヒール靴でなくても履けるスカートの形・丈を一度知ってしまえば、
同じようなものを買足していけばいいのですから楽になりますよ~。

「プロに似合うスカートを見極めて欲しい」という方は、
以下のコーディネートレッスンもお薦めです。
体型診断を通じて、スカートだけでなくトップスとの関係性についても似合うものをじっくり学べます。

 

おしゃれと内面の両方の学びを得られるオンラインサロン「服装心理lab.」、会員募集中!

https://www.youtube.com/watch?v=cvNz6e0hGCg

 

「自分らしいおしゃれを確立して自分を好きになる」ということをゴールに掲げるオンラインサロン「服装心理lab.」。

毎週のメールレッスン、毎月のオフ会&講座、ライブ配信、会員専用チャットを通じて、似合う服の選び方はもちろん、おしゃれを上達させるトレーニング法や、性格とおしゃれの関係・・・などなど、自分で自在におしゃれを楽しめるようになる多彩なカリキュラムをお届けするサロンです。

10月のテーマは「理想の自分をファッションで具現化する」!

「似合う服を着ていたら、本来の自分とは違うキャラで見られることが増えてしまった」
「ファッションは、なりたい自分になるために使いたい!」

そんなあなたには、似合う服の選び方や基本のおしゃれ理論以上の知識が必要。
それは、服装心理学を使った「セルフブランディング術」です。


今月は、使いこなせればもっとおしゃれが楽しくなる、究極の「自分磨き」の方法をお伝えします。
さらに、10月20日(火)19時30分からZOOMで行うオンライン講義では、美大の油絵専攻出身スタイリストから「アートで感性を磨く方法」も伝授。

前日までに入会すれば、このオンライン講義にも間に合います。ぜひお早めにご入会下さい!

服装心理lab.の詳細・入会はこちらから

 

 

 

 

久野梨沙 Risa Hisano

スタイリスト・服装心理カウンセラー久野梨沙

(株)フォースタイル代表取締役、(社)日本服装心理学協会代表理事。

大手アパレルメーカーで年間売上総額60億円に上るアパレル商品を手掛けた経験と、 心理カウンセラーとしての知識を活かし、独自の「服装心理学に基づくパーソナルスタイリング」を生み出しました。
All Aboutファッションガイドなどファッションライター、セミナー講師としても活躍中。

プライベートでは2016年生まれの男児を育てる1児の母。

詳しいプロフィールはこちら!