「何にでも合う洋服」を探すこと自体が難しい!

弊社、繁忙期でございます。

海外ストリートスナップに関するムック本の監修も急遽行うことになったり、
なんだか恐ろしいスケジュール。
今週は大阪から帰ってきたかと思えば、今週末は盛岡で企業研修です。

そんな時期は、やっぱりブログが週一ペースになってしまいますなぁ・・・
とりあえず今日は、ちょっと気になった記事を。

 

洋服はどれでも合うもので揃えると、お金も時間も節約できる : ライフハッカー[日本版]

元ネタは、こちらのブログ。おそらくアメリカ人のブログだと思うのですが、
内容的にも、アメリカ人らしい、合理的な考え方ですよね~

個人金融系ブログ「The Simple Dollar」では、クローゼットの洋服をどれでも合うもので揃えておくと、朝の貴重な時間だけでなく、お金も節約できると勧めています。

そうそうそう。その通り。

時間とお金の節約を考えれば、何にでも合う、最小限のワードローブだけでそろえるのが一番。

でも、

何にでも合うワードローブって??

 

ご自身でお買物をする方で、「何にでも合うワードローブをそろえてみよう!」と
一度でも挑戦したことがあるなら、きっとわかるはず。

何にでもコーディネートできるアイテムを見つけ出すこと自体が、とっても難しいんです。

下手したら、そんなアイテムを探すことに時間を費やしてしまって、
「こんなことなら毎朝コーディネートを考えた方がよい」と思えるくらい。

 

アメリカと同じく、いや、それ以上に、日本には洋服のお店が数え切れないほどあります。

その中から、自分にサイズや形がぴったりで、予算的にもちょうど良くて、
自分の職業に最適なデザインのものがあって、
しかも何にでもコーディネートしやすいものがあって・・・

というお店を見つけるのって、とても大変。

運良くそんなお店を見つけられたとしても、そのお店で
コーディネート自在な万能アイテムを、平日5日間過ごせるくらい自分で選びきれるか・・・。

 

それが難しいことだからこそ、何度も何度も繰り返しファッション誌で
「1週間着回しテクニック」といった類いの特集が組まれるわけですよね。

 

このライフハック、思いつきは最高!でも、行なうのはとても難しい。

本当に、時間もお金も節約できる、完璧なワードローブをそろえたいなら
我々のようなプロのパーソナルスタイリストに任せるのが一番だと思いますよ。いや、本当に。

※ちなみに、アメリカはこんな風に合理的な考え方の多いお国柄だからこそ、
パーソナルスタイリストという職業が、日本よりずっと早く生まれ
今はごくごく一般化しているのですよー

 

 

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事: