カーブパンツやコクーンシルエットジーンズは難しい?体型別攻略法と一番似合うタイプを解説

カーブパンツやコクーンシルエットジーンズは難しい?体型別攻略法と一番似合うタイプを解説

こんばんは!
パーソナルスタイリスト・服装心理カウンセラーの久野梨沙(@RisaHisano)です。
ファッションで人の心を知り、動かす「服装心理学®」を活用した個人向けスタイリングやスタイリスト育成、講演活動などを行っています。

カーブパンツやコクーンシルエットジーンズは難しい?体型別攻略法と一番似合うタイプを解説

相変わらずほとんど外出していないにも関わらず、ZOOMでの講義が続いていてなんだか普段よりよく喋っている気がする今日この頃。

 

オンラインサロン「服装心理lab.」では、外出自粛に伴う「買い物、やめとっこかな・・・」ムードが徐々に薄れ、「えーい、買ってしまえ〜!」とばかりにECサイトでの買い物報告が相次いでいます。

 

出かける予定がしばらくなくても、新しい洋服を着ることはやっぱり気分がワクワクするものですよね!

 

さて、そんな服装心理lab.の会員さん専用チャットで、会員さんからこんな質問を頂きました。

ユニクロや

GUから出て一時期話題になった

・カーブジーンズ

・コクーンシルエットジーンズ

って、どんな体型の人が得意なんでしょうか…?

UNIQLOのワイドフィットカーブジーンズはまだ販売していますね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

UNIQLO ユニクロ(@uniqlo)がシェアした投稿

 

こちらはもう販売終了しちゃったかな・・・

GUのコクーンシルエットジーンズ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

GU(ジーユー)(@gu_for_all_)がシェアした投稿

いずれもウエスト位置が高いジーンズで、UNIQLOは結構高い位置から裾に向かってカーブを描いたシルエット。GUは、膝下くらいから裾に向かってすぼまるようなシルエットのジーンズです。

どちらも丸みのあるシルエットが新鮮で、話題になった商品です。

 

これらのアイテム、インスタやブログなどでは絶賛の声が多いんですが、私の周囲からは「試着したけど着こなすの難しかった・・・」という声も多く届いています。

 

なぜかといいますと、この「カーブジーンズ」や「コクーンシルエットジーンズ」をそのままのデザインとして美しく着られる人・・・ということでいうと、これ、実はかなり限られた体型の人だけになってしまうんです。

着こなしの工夫いらずでカーブジーンズやコクーンシルエットジーンズを着こなせるのはこんな体型の人!

カーブパンツやコクーンシルエットジーンズは難しい?体型別攻略法と一番似合うタイプを解説

カーブジーンズやコクーンシルエットジーンズを、何の工夫もなくそのまま履くだけで美しく着られる体型は、for*styleの体型診断の4分類でいうと、I型の人。

その中でも、華奢なタイプのI型のみです。

 

フォースタイルの体型診断について詳しくは以下をご覧下さい!セルフチェックも出来ますよ〜

細みのI型というのは、細くて体にメリハリが少ないいわゆる「少年体型」な人。

タイトな服の上下を着ると貧相になってしまうし、でもトレンドのビッグシルエットはやりすぎると着られた感じになっちゃうっていうようなタイプです。

 

こういった人が、タイトなトップスにカーブジーンズやコクーンシルエットジーンズを履いて、トップスの裾をインして着ると、ジーンズが膨らむことでいい感じのメリハリを作ってくれて美しく見えます。

他の体型タイプがカーブジーンズやコクーンシルエットジーンズを着こなすには?

それにしてもカーブジーンズやコクーンシルエットジーンズのレビューを見ると、「ぽっちゃりさんにお勧め」「細みさんに似合う!」「骨格がっちりさんに最適!」などなど、かなり意見が割れてるというか、あまり統一感ないですよね。

 

というのも、こういう商品って、どういうサイズ感で選んで、どういう着方をするかによって実は幅広く着こなせちゃうんです。

カーブジーンズそのものが持つデザインの特徴とか企画意図そのままの着こなしには成らないんですが、でも自分らしく着こなす方法は色々あります。

 

例えば、下半身より上半身のボリュームが強い、体型診断V型さんには、カーブジーンズやコクーンシルエットジーンズは似合いづらく感じがちかもしれません。

 

なぜって、そもそもV型タイプはハイウエストのボトムが苦手。上半身が短く見えることで、肩幅が実際以上に広く逞しく見えてしまう危険があるからです。

また、V型は直線的なシルエットが似合うタイプなので、そこへこれらのジーンズの丸いラインはなじみづらいのです。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Non*(@non.1212)がシェアした投稿

でもこんな感じで、ワンサイズ上げて履いてカーブのシルエットがわからないくらいゆるっとさせ、ウエストを隠してしまえば、人によっては着られないことはありません。

カーブパンツというよりはワイドパンツ、って感じの着こなしになりますが、それでもかわいいものはかわいい。

 

そして、ウエストがくびれていて肩と腰がパーンと張っているスタイル抜群なX型さんも直線シルエットが似合う人なので、実はカーブのラインが厳しいです。

でもV型とは逆にタイトめなサイズ感で履けば、カーブのラインがそこまで強く出ないんですよね。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

uniqlo_ginza(@uniqlo_ginza)がシェアした投稿

X型タイプはウエストマーク自体は似合うので、このように、ベーシックなデニムって雰囲気で着こなせます。

 

最後にA型

 

上半身より下半身にボリュームがあって、体の丸みが強いA型タイプは、曲線シルエットが得意です。かつ、下半身をすっきり見せるためにハイウエストが最適!

 

だから、カーブジーンズやコクーンシルエットジーンズは得意・・・・・・かと思いきや、これらのジーンズ、とにかく重量感があるんですよね。なんせ生地がデニムですから。

そうなると、ちょっとA型さんには支えきれなくてもっさりした印象になってしまいがちなんです。

ですから逆に言えば、色や丈を工夫して軽く魅せる着こなしをすれば似合わせられます。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

maki☺︎(@maki__wear)がシェアした投稿

こんな風にちょっと短め丈にしたり、ウォッシュドのカラーを選んだり。

あとはデニムじゃなく、ジャージのタイプを選べば似合いますね。

 

そんなわけで、カーブジーンズをカーブジーンズとして(コクーンシルエットジーンズも同じく)企画意図そのままに着こなせる・・・となると、華奢なI型のみ、という結論にはなるのですが、でも結構色んな人が買って愛用しているのには、上記のように着こなし次第で似合わせられるからなんです。

こういう風に着こなしの自由度があるところが、ユニクロ・GUらしい商品だな、と感じますね。

 

オンラインサロン「服装心理lab.」では、このような特定のアイテムの着こなし方はもちろん、好きな服と似合う服の両立方法など、日々のおしゃれで疑問に思ったことをすぐにスタイリスト陣に質問できます❗

おしゃれへの探究心を満たすのにぴったりの場ですので、ぜひぜひご参加下さいね〜

おしゃれと内面の両方の学びを得られるオンラインサロン「服装心理lab.」、会員募集中!

https://www.youtube.com/watch?v=cvNz6e0hGCg

 

「自分らしいおしゃれを確立して自分を好きになる」ということをゴールに掲げるオンラインサロン「服装心理lab.」。

毎週のメールレッスン、毎月のオフ会&講座、ライブ配信、会員専用チャットを通じて、似合う服の選び方はもちろん、おしゃれを上達させるトレーニング法や、性格とおしゃれの関係・・・などなど、自分で自在におしゃれを楽しめるようになる多彩なカリキュラムをお届けするサロンです。

10月のテーマは「理想の自分をファッションで具現化する」!

「似合う服を着ていたら、本来の自分とは違うキャラで見られることが増えてしまった」
「ファッションは、なりたい自分になるために使いたい!」

そんなあなたには、似合う服の選び方や基本のおしゃれ理論以上の知識が必要。
それは、服装心理学を使った「セルフブランディング術」です。


今月は、使いこなせればもっとおしゃれが楽しくなる、究極の「自分磨き」の方法をお伝えします。
さらに、10月20日(火)19時30分からZOOMで行うオンライン講義では、美大の油絵専攻出身スタイリストから「アートで感性を磨く方法」も伝授。

前日までに入会すれば、このオンライン講義にも間に合います。ぜひお早めにご入会下さい!

服装心理lab.の詳細・入会はこちらから

 

久野梨沙 Risa Hisano

スタイリスト・服装心理カウンセラー久野梨沙

(株)フォースタイル代表取締役、(社)日本服装心理学協会代表理事。

大手アパレルメーカーで年間売上総額60億円に上るアパレル商品を手掛けた経験と、 心理カウンセラーとしての知識を活かし、独自の「服装心理学に基づくパーソナルスタイリング」を生み出しました。
All Aboutファッションガイドなどファッションライター、セミナー講師としても活躍中。

プライベートでは2016年生まれの男児を育てる1児の母。

詳しいプロフィールはこちら!