コツを知れば誰でも似合う!秋のトレンドカラー「赤」の選び方


ID-10085595

秋のパーソナルスタイリングのご依頼が
本格的になってきました。

お客様に、「この秋のトレンドカラーはレッドなんですよ~」というお話をすると
抵抗感を示す方が多いんですよね。
「赤は自分には似合わない」って思い込んでいる人が
かなりの数いらっしゃる様子。

そういえば、日本って赤の洋服はあまり売れません。
(上海では一番の売れ筋カラーは赤なんですけどね・・・国民性ですねぇ)
大人になればなるほど、目立つ色を避ける傾向にありますし、
赤は似合う人と似合わない人がいる、っていう認識が多いみたい。

でも、赤と一口にいってもいろんな赤がありますから、
すべての赤が似合わない人なんて、実際にはいません
どれかの赤は必ず似合います。

一例を挙げてみましょうか。


オレンジに近い赤
かわいらしくてポップな印象。

フリルがたっぷりついた軽やかな素材のワンピースなら、
童顔の方、
目がくりっとした方、
肌の黄みが強い方、
背が低い方などに似合います。

「赤は大人っぽくてかっこいい人しか似合わないからなぁ・・・」
と思い込んでる方は、是非このタイプの赤を。


このブラウスの花柄の色のように、
赤でも褪せたようなトーンの浅い軽やかな赤もあります。
強さが抜けて、繊細で優しい印象。

「強い色は自分には似合わない」と
思っている方はこちらがお勧めです。

肌の質感が薄く強い色が浮いて見えてしまう人、
お顔立ちが涼しげで濃い赤とのバランスが取りづらい人、
体が華奢で、重い素材や色に「着られたように」なってしまう人

なども、こういう浅い赤なら問題なく着こなせます。
しかも柄の一部に入っているくらいならなお着こなしやすいでしょう。

深いボルドーは、
今年流行の赤の中で最も注目されているカラー。

「赤は可愛い感じがして苦手!」というクール派の方でも
すんなりワードローブに溶け込むはず。

目力が強い人、
骨格がしっかりしていてかっこいいファッションが似合う人、
目の位置が高く面長の「大人顔」の方

などはこちらを!
ブラックとのコーディネートがイチオシ!

「煉瓦色」と呼びたい、
落ち着いた茶色に近い赤

エスニックテイストのアイテムに良く出てくる
少し土臭さを感じるような色です。

可愛い赤も、クールで都会的な赤も苦手な方はこちらを。

顔が濃く女性らしい方
(二重の幅が広い、唇がぽってりしている・・・など)、
顔の黄みが強い方、
髪色が深いブラウンの方、
体に丸みが強い方

などは似合いやすい傾向にあります。

パーソナルカラーの知識がある人は
うなづける部分が多い解説だったと思いますが、
実は持っている色素だけでなく、
体つきや顔のパーツの形・ボリュームも、
似合う色に影響します。

「オレンジががった赤が似合うって診断を受けたけど、
いまいちピンとこない・・・」

って方は、体つきなどの自分の「形」の要素が、
その赤に似合わないのかもしれません。
似合う服は、色という一つの要素だけでは判断できないんですよね~。

だから、今回の解説には
そういった形の要素も含めてみました。
ぜひご参考に!

流行にいたずらに踊らされる必要はないと思います。

でも流行になったのをきっかけに、
新しい「自分に似合うモノ」を見つけられたら、
とっても素敵ですよね?

この秋は自分に似合う赤を見つけに、
ぜひ私たちパーソナルスタイリストのところへお越し下さい!

あなたらしい着こなし方をお伝えします。

▼あなたに似合う色・素材・形を総合的に分析します!

 
▼「似合う服」を選ぶ方法が理論的に学べます

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事: