「ダサい」ものが許せないのはなぜ?  noteの「おしゃ呪解」シリーズ更新しました

「ダサい」ものが許せないのはなぜ?  noteの「おしゃ呪解」シリーズ更新しました

こんばんは!
パーソナルスタイリスト・服装心理カウンセラーの久野梨沙(@RisaHisano)です。
ファッションで人の心を知り、動かす「服装心理学®」を活用した個人向けスタイリングやスタイリスト育成、講演活動などを行っています。

 

「ダサい」ものが許せないのはなぜ?  noteの「おしゃ呪解」シリーズ更新しました

ある特定のファッションアイテムを取り上げて

 

「ダサい」

「こんなものを着ているor持っているのはおかしい」

「アパレルはなんでこんなもの作るんだ」

 

みたいなツイートやブログが話題になることが、度々あります。

 

そんな話題を目にして、

「私の着てる服も『ダサい』って言われるんじゃないかな・・・」

って不安に駆られること、ありませんか?

 

実際、こういう発言が話題になると、私の元には「こういう服着てるんですけど、おかしくないですよね?」という相談が増えるんです。

 

あなたが、もしこんな風に不安に駆られてしまいやすい人だとしたら、「ダサい」ってそもそもどういうことなのか、そして、どうしてこんな風に特定のファッションアイテムを「ダサい」と断罪する人が後を絶たないのかその心情を理解すると、少し安心できるかも知れません。

 

noteでの連載「おしゃれの呪いを解くnote」シリーズ、略して「おしゃ呪解」シリーズで、そんな話を追加しました。

 

 

このnoteで取り上げて欲しい「おしゃれの呪い」やお悩み、ご感想などは以下のマシュマロから、お待ちしています!匿名で送れますよ〜

 

 

おしゃれと内面の両方の学びを得られるオンラインサロン「服装心理lab.」、会員募集中!

https://www.youtube.com/watch?v=cvNz6e0hGCg

 

「自分らしいおしゃれを確立して自分を好きになる」ということをゴールに掲げるオンラインサロン「服装心理lab.」。

毎週のメールレッスン、毎月のオフ会&講座、ライブ配信、会員専用チャットを通じて、似合う服の選び方はもちろん、おしゃれを上達させるトレーニング法や、性格とおしゃれの関係・・・などなど、自分で自在におしゃれを楽しめるようになる多彩なカリキュラムをお届けするサロンです。

10月のテーマは「理想の自分をファッションで具現化する」!

「似合う服を着ていたら、本来の自分とは違うキャラで見られることが増えてしまった」
「ファッションは、なりたい自分になるために使いたい!」

そんなあなたには、似合う服の選び方や基本のおしゃれ理論以上の知識が必要。
それは、服装心理学を使った「セルフブランディング術」です。


今月は、使いこなせればもっとおしゃれが楽しくなる、究極の「自分磨き」の方法をお伝えします。
さらに、10月20日(火)19時30分からZOOMで行うオンライン講義では、美大の油絵専攻出身スタイリストから「アートで感性を磨く方法」も伝授。

前日までに入会すれば、このオンライン講義にも間に合います。ぜひお早めにご入会下さい!

服装心理lab.の詳細・入会はこちらから

 

 

久野梨沙 Risa Hisano

スタイリスト・服装心理カウンセラー久野梨沙

(株)フォースタイル代表取締役、(社)日本服装心理学協会代表理事。

大手アパレルメーカーで年間売上総額60億円に上るアパレル商品を手掛けた経験と、 心理カウンセラーとしての知識を活かし、独自の「服装心理学に基づくパーソナルスタイリング」を生み出しました。
All Aboutファッションガイドなどファッションライター、セミナー講師としても活躍中。

プライベートでは2016年生まれの男児を育てる1児の母。

詳しいプロフィールはこちら!