体型タイプ別の着やせコーディネート


東京では積雪もあり、寒い日が続いていますが、
ファッションの世界では、もう徐々に春物に切り替わっています。

年末年始にちょっと食べ過ぎたという方は、まだ寒い今のうちから
薄着の季節を想定して、対策をした方がよいかも・・・

ダイエットも成功すれば素晴らしいのですが、
つらくなく、即効性があるのは
コーディネートで着やせを狙うこと。

巷に「着やせコーディネート」と呼ばれるモノはたくさんありますが、
本当に効果を出したかったら、
自分の体型にあったテクニックを使うことが必須です。
たとえば、以下の4タイプで考えてみると・・・

=============

体型別着やせ「リンゴ型」
おなか周りがぽっこりとしていて、
全体的に丸みのあるシルエットである体型が、リンゴ型

体型タイプ別の着やせコーディネート
「リンゴ型」に必須なのは、ベルトでのウエストマークテクニック
ベルトを締めることでくびれを作り出す、という定番テクです。

ただ、これだけではコーディネートがマンネリ化しますよね。

私がパーソナルスタイリングするときには、これ以外に
「おなかから視線をそらす」
というテクニックも用います。

ウエストが気になるなら、顔回りに目を引くアクセサリーを付けたり、
足元にボリュームを出したり。

その方のチャームポイントを見つけて、
そこを引き立てるようなコーディネートにすれば効果倍増!!

=============

着やせコーディネート「洋なし型」私の元へパーソナルスタイリングをご依頼下さる女性の中で、
最も多いのが、洋なし型
下腹部からヒップ、太ももにかけてのボリュームがつくタイプの体型です。

このタイプの方は、「いかに下半身を細く見せるか」ということばかり考えて
上半身のコーディネートがおそろかになりがちなのですが
実は、このタイプに必要なのはトップスのコーディネートテクニック。

実際にある体の厚みを、細く見せるのは大変なこと。
でも問題は下半身のボリュームではなく、
上半身と下半身のボリュームのバランスが悪くて
下半身の方が目立ってしまう
ことにあるんです。

体型タイプ別の着やせコーディネート

だから、上半身にフリルやリボンというデザインを持って来たり
ボーダーの横のラインで幅を出したり、と
上半身にボリュームを出すようにすると
バランスが整って、スタイルが美しく見えることが多いんですよ~。

=============

着やせコーディネート「バナナ型」体のメリハリが少なくずん胴なのが悩み、というのがバナナ型
細身の体型でも、「スタイルがよく見えない」と悩んでいる場合は
このタイプの場合がほとんど。

こういった方の体型カバーテクニックの一つとしてあげられるのは
洋なし型と真逆。

下半身にボリュームを出すことです。

体型タイプ別の着やせコーディネート腰から下にボリュームを出すことで、スタイルにメリハリを生めば、
コーディネートも決まります!
素材もある程度の重みがあるものを選ぶと◎。

パーソナルスタイリングでは、その方の身長との兼ね合いも見ながら
最適なボリュームと丈を見極めていきます。

=============

「ブドウ型」着やせコーディネート最後が、私が命名した新タイプ、二の腕や胸、肩幅など
上半身にボリュームがある体型であるブドウ型

たとえ下半身がほっそりしていても、上半身の方が目につきやすいので
ぱっと見で「がっしりしている」という印象を与えてしまいがちなタイプです。

体型タイプ別の着やせコーディネート
胸が大きい「ブドウ型」さんは、首回りが空いているトップスを選ぶことがマスト!

また、ベルスリーブと呼ばれる袖先が広がったデザインのものや
肩の切り替えがないデザインのトップスを選ぶと
肩~腕を細く見せる効果あり。

=============

どうでしょうか?

ここに挙げたテクニックはほんの一部。
一口に「着やせコーディネート」といっても実に様々な方法があるんです。

でも、自分に合ったコーディネートを選ばなければ
着やせ効果はまったく見込めません。

もし、自分の体型を一番生かし、美しく魅せるコーディネートを知りたいなら
ぜひ一度、私たちのパーソナルスタイリングをお試し下さい。

一度、自分なりの「着やせコーディネート」が見つかれば
買い物や毎朝の洋服選びに悩むことがなくなりますよ!

服装心理学を活用したパーソナルスタイリスト・フォースタイルメールで受講できるファッションレッスンファッション分野での独立・起業を目指す人のためのフォースタイルファッションビジネススクール

関連記事: