荷物は少なく、コーデは多く!旅行の洋服準備術


旅行の洋服準備術

まもなくお盆休み。旅行を目前に控えている人も多いのでは?

ただいまオリンピックの熱戦まっただ中の英国では、
バケーション中のファッションに関するアンケートで驚きの結果がわかったようです。

2000人の英国女性に、バケーション中のファッションに関するアンケートを実施。
その結果によると、英国女性は1週間のバケーションで平均28回着替えをすることがわかった。
また、バケーション中に、平均2つのファッション関連商品を購入するという。
(MODE PRESSより)

1週間で28回着替え、ということは、つまり1日平均4回は着替えるということですよね。

これを多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれだと思いますが、
バケーションの先が南の国だと仮定すると、

1.ホテルのラウンジで朝ご飯

2.部屋に戻ってビーチへ行くファッションに(着替え1回目)

3.ビーチで水着に(着替え2回目)

4.ホテルに一度戻ってお買物へ(着替え3回目)

5.おしゃれなレストランでディナー(着替え4回目)

・・・と考えると、十分ありえる回数だなぁと思うのです。

でも、持っていく荷物を減らしたいのは万国共通の願い。
それぞれのシーンに合わせて洋服を別々に準備するのではなく、
いくつかのシーンで洋服を兼用することを意識しながらプランニングすると、
最小限のワードローブで旅行中のすべてのシーンに対応することができますよー。

たとえば上記の例を分析してみると、

5→4→1→2→3

の順に、洋服はどんどんカジュアルにしていけばOKですよね。

ディナーの時はそれなりにきちんとした服装が必要ですし、
ビーチへ行くときは本当にラフな服装でOK。
水着はもっともカジュアルな服、としました。

この中から水着を除いて、洋服ということで考えると
24通りのコーディネートが組めればよいわけなんですが、
必要な服の数は多く見積もっても以下の通り。

travel120808

アクセサリー×2点、トップス×5枚、ワンピース×2枚、ボトムス×3枚、靴×3点
合計15点!!

これだけあれば、まず単純に、
トップス5枚×ボトムス3枚で、15通りのコーディネートができます。

さらにワンピースが2枚あるので、プラス2通りのコーディネート。

それぞれに2種類のアクセサリーを付けたり外したりで、
34通りのコーディネートが実現。
この際のアクセサリーはスカーフなどにしておくと、
巻き方を変えることでさらにバリエーションが増えますので◎。

さて、これだけでも「24通りのコーディネート」というノルマは達成できるわけですが、
靴も3点あるので、厳密に言えば、どの靴を履くかでさらにコーディネート数は3倍になる計算。
靴を買えるだけで同じコーディネートでもだいぶ雰囲気変わりますしね~。

洋服は、上図の通り、カジュアルからフォーマルまでまんべんなくそろえることを意識。
そしてさっき分析した通り、
それぞれのシーンによってカジュアル度が変わるように組み合わせれば良いわけです。

旅行の洋服準備術

例えばビーチへ行くときはTシャツ1+パンツ1+ビーチサンダル。
買い物はブラウス1+パンツ2+サンダル。
ディナーは上品ワンピ+アクセ1+パンプスといった感じに。

1週間滞在のバケーションでは、洗濯のペースも考慮に。
毎日洗うだろうトップスが5枚あれば、
1日に3枚着て、それを全て洗ってしまったとしても2枚は残ります。

翌日はその2枚を着る。その夜には洗った3枚も乾いているでしょうからまたそれを着ればOK。
実際にはワンピースもありますから、そんなにヘビーローテーションにはなりませんが・・・

 

そんな感じで、やっぱりこれだけの量があれば、
1週間28回着替える旅行でも楽勝でしょう。

どうでしょう。意外と荷物少なくて済みますよね?

こんな考え方が身につけば、普段のワードローブだって最小限に済ませることができますよ。

個人的には、「旅行に行く際のトランクの中身」と同じくらい
すっきりしたクローゼットが理想だと思っていますので、
そうなるように、お客様の洋服のお買物の量についてもアドバイスさせていただいています。

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事: