着まわしできる洋服のそろえ方


uIMG_3329

パーソナルスタイリングのお客様との、お買物同行に向けての打合せが
目白押しなこの時期。

打合せの時に必ず挙がるのが、
「出来るだけ少ないアイテム数で着まわせるようにしたい」
というご希望です。

着まわしについて意識なさっている方は多いもの。
そんな方は、洋服を買うときに、着まわしがしやすいかどうか・・・
つまり、できるだけ多くのものとコーディネートできるように
考えながら購入なさっています。

でも、心当たりありませんか?
「着まわし」を気にするあまり、
無難な服、地味な服ばかりそろってしまうということに。

着まわしできるように服をそろえるには、
もちろん1点当たりの「着まわし力」を高めることも大事ですが、
それではつまらないワードローブになりがち。

そうではなく、
アイテムをまんべんなくそろえるように意識する方が、
おもしろみもあって、かつ着まわしもしやすいワードローブになるんです。

「まんべんなく」というのがどういうことかというと、

■アイテム
■色
■素材
■デザイン

に偏りがない状態にすることです。

私が様々なお客様のワードローブチェックをした経験からいくと、
比較的おしゃれな方でも、
上記4つの切り口から見てすべて偏りがない状態だった方はいません。
必ず、どれかに偏りがあります。

そして、ご本人が
「服はたくさん持っているはずなのに、
なんでコーディネートが広がらないんだろう?」

と悩んでる場合は、
この4つの中の2つ以上に偏りがある状態のはずです。

ただ漠然と持っている服をながめているだけでは、
なぜ着まわしができないのかに気づくのは難しいです。

それは、洋服を選ぶときの癖や偏りは
自分では気づきにくいものだからです。

でも、上の4つの視点でチェックしてみると、
気づくことが多いのです。

IMG_1671

ちなみにこちらは、
最近手持ちのアイテムをチェックした方のリスト。
こんな感じで、「正」の字を書いてアイテム数を数えることも、
偏りに気づくための方法の一つです。

私がご提供している「ワードローブチェック」サービスでは、
まずお客様に似合う洋服の
「色」「素材」「デザイン」を診断してから
ワードローブの偏りをチェックしますので、
着まわししにくい原因を突き止めるのはもちろん、
似合う洋服をそろえられているかも同時にチェックできます。

そうそう、先日ワードローブチェックを受けて頂いたお客様は、
洋服はそこそこ枚数があるのに、何を着てもぴんとこない状態でした。

これは、手持ちの服の「色」と「素材」に似合うものが少ないから
というのが原因でした。

「原因がわかってすっきりした~!!!」と喜んでいただけで
私も嬉しかったです♪

毎朝何を着たらよいか悩んでしまう・・・という方は、
ぜひ一度ワードローブチェックを受けてみて下さい。

毎朝の時間が短縮できる、費用対効果の高いサービスだと自負しています!

 

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事: