リニューアルした伊勢丹新宿店で買い物が楽しくなるのはこんな人



オープニングの際の取材にはあいにく行けなかったため、
先日個人的に行ってきましたよ、伊勢丹新宿店!!

ぜひとも完全プライベートモードのときにいって
一消費者として巡りたい!と思っておりましたが
偶然時間が空き、その願いが叶うこととなりました。

さて、今回のリニューアルでまず度肝を抜かれたのが
2つのエスカレーターを繋ぐように作られた「パーク」と呼ばれる
プロモーション&編集売り場(=伊勢丹が独自にセレクトした商品を並べる売り場)でした。

ショッピングバッグも上画像のものにリニューアルしていますが、
ここに描かれた音符のようなマーク。
これがパークの形を表わしているのです。
エスカレーターから下りてすぐパークをぐるぐる巡りたくなるように
設計されたのだそう。

その「パーク」は、各フロアの特徴をよく表わしています。
今回特に印象的だったのが、2階フロアの変化。

いわゆる「百貨店的」ブランドはかなり減らされ、
モード色が非常に強くなっていたのです。
2階と言えば、百貨店においては
「メシのタネ」(言葉遣いがアレですな・・・わかりやすさを重視しましたっ)。

そこをこれだけとがらせたことで
伊勢丹からの、「最先端のファッションに関心がある人に来てもらいたい」という
強いメッセージを感じました。

ブランドとブランドの間には、垣根がありません。
これは、大阪伊勢丹の不調の理由ともされている特徴。
買う前に、どういうブランドなのか知ってから買いたいとか
わかりやすい売り場でないと買う気がしないという人には
かなりお買物しづらい売り場でしょう。

でも、感性を大事にして、ワクワクするものを買いたいとか
感覚で何となく欲しい物はキャッチできる、という人には
これほど刺激的なフロアはないんじゃないかと思います。

私がお客様をご案内するとすれば・・・
シンプルなオフィススタイルが必要な女性は
今後はここにはご案内しなくなると思います。

ただ、今までなら路面店のセレクトショップなどをはしごしていた
クリエーター系のお客様個性を出したい経営者の方などは
ここ1店舗で幅広いスタイリングがご提案できる、とすごく楽しみになりました。

ただし、小さいサイズのお客様は、どんな方でもお連れしたい!
その理由は、Sサイズのブランドの充実
M-プルミエや、シビラ、ベラルディといった
近隣ではSサイズ売り場に入っていなかったブランドが
Sサイズの売り場に展開されているのです。

年齢にもよりますが、
伊勢丹のSサイズ売り場である「ストロベリーショップ」と
お向かいさんのマルイにある「クリスタルシルフ」があれば
小さいサイズの方の洋服はほぼ事足りるのでは、と思うほど。

あとは、お会計がもうちょっとスピーディーになってくれれば・・・
今回自分でお買物をしてみて改めて実感しましたが
百貨店ならではの集中レジシステムは
リニューアル後もやはりそのままで、
お会計一つ一つにすごく時間がかかるのです。

実はコレ、忙しいお客様をご案内するときに必ず聞かれることなんですよね。
「なんでデパートって、こんなに会計に時間がかかるんですかね?」って。

もし伊勢丹のオンラインショップで
伊勢丹新宿に展開されている商品がすべて手に入るなら
お店では試着だけして、
その場でスマホを使ってオンラインで購入した方がいいのでは・・・とさえ
思ってしまいます。

これ、なんとかならないかなぁと思っている人、
私だけではないと思うんですが・・・
私も元々メーカーにおりましたから
いろいろな事情はよーーーく知ってはいるのですが、ね。

さて、長くなってしまったので
伊勢丹新宿店で個人的に気になったもののレポートは
次の記事で!!

 

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事: