おしゃれになるには「言語化」が近道


おしゃれになるには

秋のパーソナルスタイリングのご依頼が多くなるこの時期は、
新しいお客様との出会いもぐっと多くなる時期です。

弊社のお客様は当然「おしゃれになりたい」という方ばかりなのですが
その中には

■常にスタイリストに依頼することで
おしゃれな状態をキープしようと考える方

■スタイリストに教わりながら
自分でもおしゃれの方法を身につけたい、と思っている方

の2タイプいらっしゃいます。

で、弊社はもちろんいずれも大歓迎なのですが
より、弊社の良さを感じていただけるのは後者かもしれないな、と思います。

というのも、弊社ではスタイリングをしながら、
とにかく言葉で

なぜこの組み合わせが良くてあちらの組み合わせはだめなのか
なぜこの服は似合って、あの服は似合わないのか
なぜあのブランドより、このブランドを買う方が自分にとって得なのか

などなどを、ひたすら伝え続けるからです。

おしゃれになるには
おしゃれを学ぶときに、
特に言葉は必要ないと思う方もいるかもしれません。

言葉で説明されなくても、
目の前にある服を組み合わせて教えてくれればいい、と。

でも、その方法では、記憶に残りにくいんです。

しっかり理解して、そして記憶に残すためには
その情報を言語化することがとても重要。

・・・というと難しく聞こえるかもしれませんが、

1枚のニットを指し示して

「こんな感じのニットが似合いますよ」

って教えられるより

「細い糸で編まれた柔らかい風合いのニットで
ツヤのあるものが似合いますよ。
それが、例えばこのニットです」

って教えられた方が、
記憶に残るし、応用しやすいと思いませんか?

だから、弊社では、ひたすら、しつこいくらい
言葉で、似合う服の選び方やコーディネートの仕方を説明します。

(今日のお客様は
『たくさんの知識が一度に入ってきて目が回る』とまで
おっしゃっていて、ちと反省・・・笑)

そうすれば、言葉で覚えるのが得意な方にも
視覚イメージで覚えるのが得意な方にも伝わるからです。

さらに、一人一人にコーディネートブックを作って、
お勧めの着こなし方を写真と文章に残します。

言葉を繰り返し唱えていれば、
きっとそのテクニックはその人のものになります。

時々、再びお会いしたときに
あまりのおしゃれの進化にこちらがびっくりしてしまうような
お客様もいらっしゃるほどです。

でも、元々おしゃれが得意な人は
この「コーディネートを言葉でわかりやすく説明する」ことが
苦手な方が多い!

だから、もし誰かからおしゃれの方法を学びたいと思ったら、
その人が「言葉での説明が得意」かどうかを確認した方が良いと思います。

自分でも、
雑誌や街でみかけた素敵なコーディネートの共通点を
言葉で挙げてみるだけで
おしゃれのコツがつかめることもありますよ。

ぜひお試しを!

 
▼ファッションビジネススクールでは、「言葉で伝える方法」も特訓します

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事: