着ている服に表れる心理


 

接客心理学とか恋愛心理学とか、
私が大学時代に心理学を研究していたときよりも
「心理学」という言葉を目にする機会が格段に増えました。

それに伴い、「心理学」の意味が弊社の意図とは違った形で
とらえられることも増えています。

着ている服に表れる心理


そこで、心理学を初めて取り入れたパーソナルスタイリストとして
もう一度、フォースタイルが掲げる「心理学を取り入れたスタイリング」とは
どういうことなのか、少しずつ書いていきたいと思います。

まず、心理学的に服装というものを捉えるとき
そこに「おしゃれだから良い」「おしゃれじゃないからダメ」という
良し悪しの判断は一切ありません

よくお客様にも
「僕はおしゃれじゃないからダメ出しされるんじゃないかと思って
緊張してました・・・」
と言われることがあるのですが、
私、おしゃれじゃなきゃダメだとは一度も思ったことはないです(きっぱり)。
おしゃれじゃなくても、その人が不便がなく、幸せならそれでいいじゃないですか。
なんにも変える必要ありません。

だって、そもそも「おしゃれ」ってなんでしょう?

ファッション性があるレベルを超えると、そこから先ははっきり言って好みの世界。
スタイリストが「おしゃれじゃなきゃダメだ」と言い切ってしまうということは、
そのスタイリストが考える「おしゃれ」な状態でなきゃダメだ、と言っているのと
同じ事です。

私には、お客様を自分の好みのファッションにしたいという願望がないので
「おしゃれじゃなきゃダメだ」とは思いません。

その代りにいつも考えていることは
「この人が一番心地よくいられる服装ってどんなものだろう?」
ということです。

それを知るには、なぜパーソナルスタイリングを受けに来たのかを
深く知る必要があります。

 

でも、本当の理由を、お客様ご自身すら
わかっていないことも実はよくあるのです。
ここが難しいところ。

たとえばこんなケースがあります。

着ている服に表れる心理あるお客様(Aさんとします)がいらっしゃいました。

Aさんは若々しいカジュアルファッションでお越しになったのですが
それがとてもよく似合っていて、
私から見ても、
なぜそんなにファッションを変えたいと強く思っているのか
よくわからないような状態。

でも、カウンセリングを終えてみると
「もしかして」と思い当たるふしがあり、
それを確信に変えるため、お買物同行で
今のファッションとは真逆の
とにかく大人っぽいクールな服装を着てもらいました。

すると、Aさんは、涙を流しながら、

「こういう大人っぽい服が着たかったんです・・・」と。

実は、カウンセリングの際にわかったことなのですが
Aさんの親御さんは少々過保護気味で
Aさんが十分大人と言える年齢になったにも関わらず
一挙手一投足に口を出してくるというのです。

もちろん、ファッションにも。
今持っている服は、すべて親御さんが買ってきたものということでした。

つまり、Aさんは
単にファッションを変えたくてスタイリングを依頼したのではなく
本当に求めていたことは「親からの巣立ち」だったのです。

親からの卒業のきっかけとして、無意識に選んだのが
ファッションの改革だったというわけです。

※内容は個人が特定されず、かつ意味合いに違いが生じない程度に改変しています

 

さて、正直言って、Aさんに、
今までの若々しいカジュアルファッションと
クールな大人っぽいファッションのどちらが似合いやすかったかというと
カジュアルファッションの方でした。

でもAさんの「卒業」を後押しするためには
どうしても、新しいファッションが必要だと感じましたので
できるだけAさんに似合うような、大人っぽいスタイリングをしたのです。

それ以降も、何度かスタイリングを重ねるうちに

「一人暮らしを始めました」
「自分で転職を決めました」

といった報告を聞かれるようになり、
それとともに、「前と逆のファッションを!!」という頑ななまでの思いが消え、
自分に似合うファッションを、先入観なく自由に楽しめるようになっていきました。

 

こういった、
お客様の問題は本当は服では無い
というケースは、実はよくあります。

そんなお客様に出会ったときに、
心理カウンセラーとしての質問力を生かして
本当の目的を引き出すことができないと
洋服を買っても買っても満たされない状態や、
どんなファッションを着ても満足できない状態に陥ってしまいます。

今回挙げたケースでは、私は当初Aさんに購入頂く洋服は
できるだけ必要最小限になるように努めていました。

なぜかというと、親御さんからの卒業の時期が終われば、
大人っぽいファッションは必要がなくなるだろう、と思っていたからです。
必要がないものに、散財をしていただくわけにはいきません。

本当にその人に必要なファッション。
その人が欲している、ファッションの役割。

それを知るには、「これはおしゃれ」「これはおしゃれじゃない」という
スタイリストの勝手な良し悪し判断をせず、
まっさらな気持ちで、その人が今着ている服にどんな心理が表れているのかを
見つめることだと思っています。

「おしゃれ」を押しつけなければ、
ファッションを楽しめる人はもっと増える。

私はそう実感しています。

 

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事:

 
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.