乳幼児ママが無理なくオシャレをするための5つのポイント【コーデ事例付き】


パーソナルスタイリスト久野梨沙

寒さがゆるんできたな・・・と思ったらくしゃみが!

こんばんは、パーソナルスタイリスト・服装心理カウンセラーの久野梨沙です。
ここ数年「これは花粉症ではない、鼻風邪だ!」と突っぱねてきましたが、そろそろ潮時かもしれませぬ。ぐすん。

さて、シーズン問わず多いのが、小さなお子さんがいらっしゃるママからのスタイリングのご依頼。
復職の予定がなくても、お子さんが大きくなってくればママ友との集まりとか、地域の行事とか、何かと人に会う機会が多くなりますから「ちょっとはオシャレしたい・・・」という気持ちになりますよね。

お子さんがまだ小さくても、ちょっとしたコツを知っていればファッションを楽しみやすくなります。
今回はとあるお客様のコーディネート事例とともに、ママファッション5つのコツをお伝えします!

・・・あ、いつも通り、「無理せずオシャレ」がテーマです。
いくらファッショナブルでも手間がかかりすぎたら持続不可能ですから。
その点ご安心下さいませ♪

お買い物は動線が広い商業施設を選ぼう!

まず、お買い物に行くときには、ベビーカー必須ですよね。
試着するに当たって、抱っこでは絶対にムリですから・・・。

となると、動線が広く、ベビーカーで無理なく店内を回れる商業施設を選ぶ必要があります。
車で行くような郊外の商業施設ならほぼ問題ないのですが、「電車で移動したい」という場合には、繁華街の駅チカの商業施設にはベビーカーではちょっと厳しい広さのところも多くなっています。

そんなときには、ファミリー層が多く住んでいる駅の近くの商業施設を狙ってみて下さい。
ママに優しい店舗設計がなされているはず!

子育て中の防寒具は軽めが吉

お子さんが小さいうちは公園で子供を追いかけて走ったり、車での移動が増えたり、お出かけしても近所が中心だったり・・・と、寒い屋外に長時間じっとしていることってそんなにないんですよね。

なので、重いコートよりも、軽めの防寒具の方が「役に立った!」という方が多いです。

乳幼児ママが無理なくオシャレをするための5つのポイント【コーデ事例付き】

例えば、ダウンベスト。
「暖かいんだか寒いんだかよくわからないアイテムだからいつ着るかわからない!」なんて思っていませんか?
これが意外と使えるんですよ!

屋外でも動き回っているときなら、ダウンベストだけで十分暖かいですし、ちょっとの時間なら屋内で着たままでもOK。
屋内と屋外を行ったり来たりするとき、お子さんだっこしたままいちいちアウター脱ぎ着できますか?
そんなとき便利なんですよ〜。

乳幼児ママが無理なくオシャレをするための5つのポイント【コーデ事例付き】

インナーを明るい色のニットに替えると印象も変わります。
重ね着する枚数で防寒度合いを調整。

乳幼児ママが無理なくオシャレをするための5つのポイント【コーデ事例付き】

下にパーカーを重ねてフードを出すのも良いイメチェンに。

シャツは万能選手

幾通りもの着方ができるアイテムはやっぱり持っておくと便利。
これはママ向けに限ったことじゃありませんが、でも特に子育て中は、体型や環境がどう変わるかわからないし、手持ちの服をあんまり増やしたくないと思う人も多いものです。
だったらやっぱり、アイテムは着回し重視で選ぶべき。

そこでお薦めできるのが、シャツ。
特にダンガリーシャツは色々使えます!

乳幼児ママが無理なくオシャレをするための5つのポイント【コーデ事例付き】
乳幼児ママが無理なくオシャレをするための5つのポイント【コーデ事例付き】

今までのコーデ画像でも登場していたダンガリーシャツ。

ニットなどの下に重ね着するのはもちろん、こんな風に腰に巻いたり肩に掛けたりしてアクセサリーとしても活躍!
夏場は冷房対策にTシャツの上に羽織っても◎。
ダンガリーシャツならシワが気にならないから持ち運びもお洗濯もラクです。

ちなみにこのコーデで使っているコーディガン(コートとカーディガンの中間的なアイテム)も、軽めのアウターとしてかなり使えます!

ママがカジュアルからちょいお出かけまで使えるのは○○ボトム

専業ママならオフィスファッションは不要ですが、とはいえちょっとした集まりやお出かけで、きちんと感のあるスタイリングをしたくなることも多いはず。
でもそれ専用にキレイめなアイテムを買っておく程ではないですよね。
(「お出かけ用に」って買ったワンピース、いつまでも着る機会がないまましまいこんでいるって方多いです・・・。)

乳幼児ママが無理なくオシャレをするための5つのポイント【コーデ事例付き】

そんなとき便利なのが、ゆるボトム
ワイドなシルエットで、裾が揺れるような柔らかい素材のボトムなら、こんな風にシックなジャケット風ニットカーディガンを合わせるだけで、セットアップのような上品さになるんです。

そしてこのボトム、これまでご紹介してきたカジュアルコーデにもがしがし使っております。
普段着にもお出かけにも両方行けて、その上動きやすい!

子供をだっこしていても楽しめる「アクセ」

「せっかく買ったネックレス、子供に引っ張られて切れました・・・・」
「ピアスをしていたら子供に引っ張られて(以下想像するだけで痛いので自粛)」
そんなお悩みもよく聞きます。

やっぱりお子さんを抱っこして移動している間は、なかなかアクセサリーを楽しみづらいですよね。
しかし、あきらめるのはまだ早い!!

乳幼児ママが無理なくオシャレをするための5つのポイント【コーデ事例付き】

アクセサリーをつけられないなら、プリントすれば良いじゃない。っということで、こちらは眼鏡を襟元に掛けているようなプリントのカットソー。
ネックレスのキラキラ感が欲しかったら、首回りにビーズが付いたトップスを選ぶなど、やり方はいくらでもあります!

乳幼児ママが無理なくオシャレをするための5つのポイント【コーデ事例付き】

秋冬にお薦めなのはスヌード

片手にベビーカーに乗ろうとしない子供、片手にベビーカー。
そんなときに前から風が吹いてきて、マフラーが取れてしまうもどうにもできず、ぐしゃぐしゃの状態でひたすら歩き続ける・・・。
そんな苦行からあなたを解放するアイテムです。

輪っか上になっているので、頭から通して2重にするだけ。
これなら引っ張られても取れない!!(首はちょっと絞まるかもしれないけど!笑)

さあ、今回もいつも通りの長文で、そもそも子育てで忙しいママさんたちがこんな長いブログを読んでくださるのか不安でいっぱいですが、読んでくださったあなた、ぜひご活用下さい!

最後にこのスタイリングをご提案させて頂いたお客様からのご感想をご紹介します♪

「朝、服を着るときに迷うことがなくなりました」

子連れでサービスを満足に受けられるかどうか、ご迷惑にならないか不安でしたが、とても配慮していただいて大変助かりました。

普段限られた時間の中で試着も満足にできず購入したり、どちらにするか迷った末両方とも購入して結果失敗したりすることが多々あって困っていました。
始めから選択肢を絞って頂けること、比較ポイントを教えて頂けることがとても助かりました。

また、試着のときにどこをチェックすれば良いか、どこを見ればサイズが合っているか分かるかといったことを伺えたのがとても有難かったです。

朝服を着るときに迷うことが減ったこと、買い物も失敗が減ったことに大きなメリットを感じています。
「その服いいね」とピンポイントで誉めて頂くことはあります。

お店で服を見るときも何となく眺めていたものが、色々考えながら見られるようになってきた気がします。

乳幼児ママでもできるオシャレを知りたいあなたは・・・・

子育て中だからっておしゃれをあきらめたくない!
でも毎日忙しいから服の手入れやお買い物に時間を掛けていられない・・・

そんな皆さんのご相談に日々のっている
フォースタイルのパーソナルスタイリングでは
1回のサービスで、自分に似合う服がわかるだけでなく着回しが効くワードローブが揃う、と好評です。

だから、

「私には贅沢なサービスだと思っていたけど
もっと早く利用すればよかった!」

という声をよく頂いています。

ぜひお気軽にこちらからお申込下さいね。

少しずつ、ファッション全般について知りたいという方は
まずは以下でご紹介している、無料のメールレッスンからどうぞ!

 

 

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事: