ミモレ丈スカートが似合わない?それはトップスの選び方に問題あり!


今年大流行中のミモレ丈スカート

「ミモレ」とはフランス語で「mi-mollet」、 ふくらはぎの中央の、という意味です。

ただし、現状店頭で「ミモレ丈スカート」として
売っているスカートの丈は、
膝下から足首より少し上までと、バリエーションが広がっています。

シルエットは、全体的にフレアですが
広がりが大きいものもあれば、比較的ボリューム少なめのものも。

さて、このミモレ丈スカートに関しては
パーソナルスタイリングをお申込になったお客様からの
「試着してみたけど似合わなかった」というお悩みが後を絶ちません。

その原因を探ると様々あるのですが、
一番多いのが、合わせるトップスの選び方が間違っている、というもの。
ミモレ丈スカートが似合わないわけでは決してないのです。

ミモレ丈スカートが似合わない?それって本当にスカートのせい?

ミモレ丈スカートが似合わない理由
photo by
AnnieAnniePancake

例えば、この画像。ちょっと丈は短いですが
こんな感じのスカートを履くときって
このコーディネートのように、
タイトなトップスを着て、
トップスの裾をスカートにINして着る人がほとんどだと思います。

しかしこの着方、ウエストのくびれがしっかりある人や、
全体的に細身の体型の人には似合うんですが、
肩幅ががっちりしていて、
ウエストのくびれがあまりない体型タイプの人には
実は似合いづらいんです

(フォースタイルの体型診断でいうと「V型」と「I型」の人にあたります。
体型診断についてはこちらに詳しく書いてありますのでどうぞ!)

このタイプの人は、タイトなトップスを着ると、
余計に肩幅がたくましく見えます。

そしてウエストのくびれが少ないために、
裾をINしてもすっきり見えづらく、
スカートのフレアでさらにボリュームUP・・・

結果的に、体型のがっちり感が強調されてしまい、
スカートスタイルで表現したい女性らしさが出なくなってしまうんですよね。

正解は、ミモレ丈スカートに合わせるトップスを「ゆるめ&ショート丈」にすること!

実は、昨日のお客様もこのタイプ。
だから、ご自分で「スカートは似合わない」と
思い込んでいらっしゃったけれど、
でも似合うなら履いてみたい!とご希望でした。

そしてやってみたコーディネートがこちら。

ミモレ丈スカートが似合わない理由

腰骨より少し上くらいの丈
すとんと落ちる形のゆるめトップスを合わせると、
こんな感じに。

裾をINしなくても、十分女性らしく大人っぽい
コーディネートに仕上がっていますよね?

肩幅が腰に比べて広い人は
こんな風に、ゆるめのトップスでカバーすると
華奢な雰囲気が演出できるんですよ〜!

お客様にも
「こんな着方初めてだけど、すごくしっくり来る!」
喜んで頂けました。

ちなみにこのアイテム、
実はインナーとセットアップになっていて・・・

ミモレ丈スカートが似合わない理由

インナーの裾を出して着ると、
パンツによく似合うチュニック風に着られるのでした。
トップスを選ぶときは、ミモレ丈スカートにも
パンツにも会うものを選べれば、着回し力も倍増しますよ!

ミモレ丈スカートを試着してみて
どうもぴんとこなかった・・・・という方は
ぜひ、トップスを見直してみて下さいね!

自分だけの、自分に似合うトレンドアイテムの着こなし方を知りたくありませんか?

ミモレ丈スカートだけでなく
その他のアイテムも、
こんな風に少しコーディネートを間違えてしまうだけで
似合わない着こなしになってしまいます。

そんな皆さんのご相談に日々のっている
フォースタイルのパーソナルスタイリングでは
トレンドアイテムが似合わない原因や、似合う着こなし方が明確にわかるので

「こういうふうに着ればよかったんだ・・・
もっと早く知っていればよかった!」

という声をよく頂いています。

そこで、トレンドアイテムの着こなしに悩んでいる方のために
ご相談窓口や無料のメールレッスンをご用意していますので
ご興味がある方は、今すぐご活用下さい!

今すぐ、自分「だけ」のトレンドアイテムの着こなしを知りたい方
お申込・お問合せフォーム(問い合わせ項目は「その他」を選択して下さい)

少しづつ、ファッション全般について知りたいという方は
まずは以下でご紹介している、無料のメールレッスンからどうぞ!

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事: