TOKYO FMでご紹介した「お正月太りをカバーするコーディネートテクニック」


TOKYO FMでご紹介した「お正月太りをカバーするコーディネートテクニック」

昨日出演しましたTOKYO FM「LOVE CONNECTION」、
お聴き下さった方ありがとうございました〜。

前回別の番組で出演させて頂いたときは渋谷・スペイン坂スタジオでしたが
今回は、ミッドタウンのスターバックスの中にあるスタジオでした!
大好きなラテをいただきながらの生放送、短い時間でしたが至福でした・・・♪

今回のテーマは「お正月太りをカバーするコーディネートテクニック」
この時期、悩んでいる方にダイエットよりも即効性のある
着やせテクニックをお伝えしました。

生放送でお話しした3つのテクニックを、聴けなかった方のために簡単にご紹介!

1.体の中の「くびれ」をどこか一つは見せる

体の中でくびれている「首、手首、ウエスト、足首」のどれかのパーツはしっかり見せましょう!
全部覆ってしまうとメリハリがなく余計に重たく見えちゃいます。

たとえばタートルネックを着て、10分袖のジャケットで覆って
ウエストのラインも重ね着で見えない・・・
そんなときでもせめてタイツにクロップドパンツを履いて、
ブーティーを合わせて足首のラインをちらっとでも見せればすっきり見えますよ〜。

2.部分着やせは「ボリュームプラス」が鍵!

パーソナリティのLOVEさんが一番驚いて下さったのが
このテクニック。

「着やせ」っていうと、とにかくボリュームを減らすことばかりを考えがちですよね。

でも、ヒップが気になるなら胸にボリュームを足したり、
足が気になるならスカートの裾幅を広くしたりと、
気になる部分との比較対象になる部分にボリュームを足して
相対的に細く見せる<方が簡単なんです。 この時期に「細く見せたい!」って思う場所って 肩幅、胸、二の腕の上半身と おなか、ヒップ、足の下半身のどちらかですよね。 自分の体を上半身と下半身に大きく分けて、 ボリュームが足りない方に洋服でボリュームを足すようにするだけで
全身バランスが整ってキレイに見えるんですよ〜♪

これは私たちのパーソナルスタイリングを受けて下さっているお客様には口を酸っぱくしてお話ししていますので(笑)
かなり聞きなじみのあるテクニックでは?

「引き締め色」は使いどころに気を付ける

着やせを狙うあまり、全身黒や茶などの暗い色で固めてしまったり
膨張色(淡く明るい色)を目の敵にしてしまっている人をよく見かけます。

でも、引き締め色は、膨張色と一緒に使わないと効果は半減しちゃいます。
引き締めたいところにだけ暗い色を使い
それ以外の部分は明るい色を使うように意識すると、
対比の効果でぐぐっと細見えが叶います!

いかがでしょうか?

一般的に広く信じられている「着やせテクニック」は
心理学とか錯覚の観点から見ると、ちょっと効果が薄いものも多いので
今回は、あまり知られていないけれど効果の高いテクニックを3つに絞り込んでお届けしました!

パーソナリティのLOVEさんには、
私が提供している「パーソナルスタイリング」のサービスに
「こういうサービスあるんだ!すごくいい!」と言って頂けて嬉しかったです。

私がこのサービスを初めてもうすぐ丸8年。
こんな風にいろいろなメディアに取り上げて頂いて、だいぶ広がってきましたが
まだまだスタイリング=特別なもの、と思っている方が多いと思うので
こういう機会に、おしゃれに悩んでいる一人でも多くの方に届けられるよう今年もがんばります!

TOKYO FMでご紹介した「お正月太りをカバーするコーディネートテクニック」

最後にLOVEさんとパチリ。
とても親しみやすくて素敵な女性でした!
作家の方も女性だったので、まるで女子会のような楽しいひとときでした♪

=============

このブログのダイジェスト版やお得なキャンペーン情報などを
メールでお届けします。
以下のフォームより、ぜひご登録を!


for*styleメールマガジン
姓名* (姓)  (名)
メールアドレス*


=============

 

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事: