ファッションの色合わせの正解とは?


ファッションの色合わせの正解
おしゃれにはいろいろなテクニックがありますが、
色選びカラーコーディネートは、特に人によって癖が出るところです。

ついつい無難な色ばかり選んでしまったり、
いつも青系の組み合わせになってしまったり・・・などなど。

そしてそこから抜けだそうと思ってもなかなか難しいんですよね。
雑誌に丁寧に正解が書いてあるわけでもありませんし。

弊社にパーソナルスタイリングをご依頼いただくお客様の中でも
「色の組み合わせ方がわからない」ってことを一番の悩みに挙げる方は
少なくありません。

そして、多い質問が
「組み合わせちゃいけないのってどんな色とどんな色ですか?」
という質問です。

この質問に一言で答えるなら、
「組み合わせちゃいけない色は、実はほとんどありません」
という回答になります。

具体例を挙げてみていきましょうか。
例えば、赤のスカートに合わせるトップスを選ぶとしましょう。
(ここでは、白・黒・グレーは何にでも合わせやすい色なので除外して考えます)

まとまりよく仕上げたいなら、
「同系色」で組み合わせるというテクニックがあります。


同系色とは、同じ色味をもつ色のこと。
その色に白を混ぜたり、グレーを混ぜたりしてできた色のことです。
赤に白を混ぜた色であるピンクを組み合わせると、こんな感じ。


赤に白を混ぜた色である茶色を組み合わせると、こんな感じ。

赤いスカートというだけでかなり目立つアイテムですが
同系色で合わせると、それなりに落ち着いた感じになると思います。

これが、「パーティーシーンにも似合う華やかで元気な感じに!」というテーマになると
こんなカラーリングも似合うようになります。


を組み合わせたクリスマスっぽいコーディネート。
赤と緑はほぼ真逆の色味ですが、「華やかに」っていうイメージを狙うのであれば
アリな組み合わせですよね。

黄色は同じ暖色系に入りますが、濃く鮮やかな色を合わせることで元気に。
オフィスに着ていけるかと問われたらNOですが、パーティーなら、こちらもアリ。

まだ組み合わせていない青系はというと・・・

濃い青であるネイビーを合わせると、引き締まったスタイリングに。
この色合わせも相性◎。

薄い青である水色を合わせれば、爽やかなコーディネートに変身。

・・・っと、ここまででおわかりでしょうか?

3色以上の組み合わせになるとちと複雑にはなりますが
2色の組み合わせであれば、NGな色合わせってほとんどないんです。

ただそこにあるのは、

着ていく場所にふさわしいカラーコーディネートか

ということと、

自分に似合うカラーコーディネートか

という基準のみ。

ですから、「カラーコーディネートの正解」というような
あるようでないものを追い求めるのではなく
自分に似合う色合わせを見つけるために、食わず嫌いをせず、いろいろ試着をして検証してみましょう。

着てみて、自分の顔色を引き立たせてくれる色合わせ
(自分の顔の印象より色の方が目立つのはNG!)
自分の顔色や目がきれいに見えるコーデを選ぶのがお勧め。

パーソナルスタイリングをご依頼のお客様には、
外見分析の結果を元に

「濃く強い色同士の組み合わせが似合いますよ」とか
「淡い色同士でふんわりとまとめてください」といったように
ご自分で応用できる言葉で、お勧めの色合わせをお伝えしています。

 

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事: