「買ったのに結局あまり着なかった・・・」を防ぐには


 

120722counseling01

弊社では、一般個人の方に洋服をお見立てするパーソナルスタイリングサービスを提供していますが、
そのお買物同行の前に、必ずカウンセリングを行ないます。

このとき、初回のお客様には聞かずに、
2回目以降のご利用のお客様には細かくヒアリングすることがあります。

これを深くヒアリングしておくと、
その方がファッションに求めているものがよりよくわかるんです。

 

それは、
「前回ご購入なさったものの中で、
どのアイテムが一番気に入りましたか?そしてその理由は?」

という質問。

 

この質問に思いつくまま答えてもらい、そのお答えをしっかり分析できれば、
初回よりもさらにスタイリングの精度を上げることができるんです。

 

例えば、今日のお客様は
「あのシャツがよかったですね~!かっこよかったし、
なにより着心地がよい!伸び縮みがいいですよね」
とのお答え。

このお客様は、洋服にストレッチ性がないと着心地が悪く感じるタイプ。

 

初回のパーソナルスタイリングのときには、
ご自身の口からは「伸縮性のあるアイテムが良い」というご要望を
聞くことはありませんでした。
きっと、そこを重視していることを、
ご自分でもあまり意識していなかったのでしょう。

でも、いざお買物同行に行ってみると、
試着の際、腕を曲げ伸ばしたり、膝を屈伸したりなど、
着心地を確認する仕草がとっても多かったのです。

 

そのご様子から、
「このお客様にとってまず大事なのは、動きやすさ、つまりストレッチ性なんだな」
とわかったのでした。

そして、その後のカウンセリングでの上述の言葉。
これで、このお客様にとってのファッションへの必要最低条件がはっきりしました。

 

ID-10049301

「デザインはいいと思って買ったんだけど、
結局あまり袖を通さなくなってしまった洋服がたくさんある・・・」

 

そんな悩みは、「自分が洋服に求めているもの」をはっきりと自覚していないことに原因があります。

 

自分が重視するのは着心地なのか、それともコーディネートのしやすさなのか、
周りから浮かないデザインなのか・・・

こだわるポイントって本当に人それぞれ。
どんなに見た目に似合うコーディネートでも、
自分のこだわりを満たさないアイテムは、すぐに着なくなってしまいます。

でも、無意識に抱いている洋服へのこだわりを
カウンセリングによってしっかり整理すれば、
「たんすの肥やし」を増やすようなお買物は絶対防げる!

 

そのためにも、すぐにお買物同行にご案内するのでは無く、
事前のカウンセリングをしっかり行なうようにしています。

カウンセリングの知識を持ったスタイリストが、
会話を通じて自然に
お客様のご要望を無意識レベルのものまでぜんぶ引き出すこと。

 

これが、

「なぜか、見立ててもらったものばかり
ヘビーローテーションで着ちゃうんですよ~」

とお客様に喜んでもらえるパーソナルスタイリングができる秘訣です。

 

 

2種類の無料メールレッスンをお届けしています

 

1. 自分のおしゃれを改善したいというあなたは・・・

わかりやすく応用が利く「ファッションの基本理論」を身につければ何歳からでもファッションセンスは磨けます!
明日からのおしゃれに役立つ無料の「メールレッスン」をご希望の方は、以下からご登録下さい。

Email  
  
性別
お住まいのエリア 
 

 

2. パーソナルスタイリストの仕事に興味があるあなたは・・・

「いつかはスタイリストになりたいけれど、私になれるのかな?」そんなあなたに、適性があるのかがわかるメールレッスンをお届けします。
スタイリストスクールに入る前に、まずは無料メールで学んでみませんか?以下からご登録下さい。

Email
性別
お住まいのエリア
ファッション業界での勤務経験
 

 

関連記事: